ゲッティ イメージズ、“WireImage”日本語版サイトをオープン ~世界の最新エンターテイメントビジュアルコンテンツを提供~

PR TIMES / 2012年1月19日 12時1分



 ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本 久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、WireImageの日本語版サイト(http://www.wireimage.jp/)の開設を発表します。

 WireImageは、2001年の創設以来現在100カ国以上で展開されています。ゲッティ イメージズのエンターテインメントサイトの中でも特に広く利用されており、その影響力の高さから、セレブリティや業界関係者からも閲覧されております。このサイトが2011年12月6日をもって日本語でも利用できるようになりました。

 最新サイト内では、「アカデミー賞」や「グラミー賞」をはじめとする世界各地の最新のエンターテインメントイベント(受賞式、映画やテレビ番組のプレミア上映会、コンサート、フェスティバル、社交行事をはじめとする全ての主要イベント)と著名人を取材した写真、動画を取り揃えており、毎日5,500以上のイメージがアップされています。その総数は計780万点以上で、世界中の雑誌、新聞、ウェブサイト、テレビ番組、広告、ワイヤレスアプリケーションなどに定期的に掲載されております。

 エンターテインメント業界に強力なネットワークを持つゲッティ イメージズだからこそ取材が可能な、イベント会場内部でのセレブリティの素顔や、経験豊富なフォトグラファーが捉えるエンターテイメント史に残る特別な瞬間、といった希少価値の高いコンテンツを提供しています。2012年も、現地時間1月15日(日)開催の映画の祭典、ゴールデン・グローブ賞などの特大イベントを皮切りに、ゲッティ イメージズならではのビジュアルコンテンツをお届けします。
 WireImage: http://www.wireimage.jp/

 ゲッティ イメージズは、テレビや新聞、出版社といった主要顧客に対し、報道向け写真や映像を提供しております。 エンターテインメントのほかにもニュースやスポーツ分野に力を入れており、オンラインでアクセスできる8千万点以上の静止画、5万時間以上の動画、10万曲以上の音楽コンテンツは業界でも最大規模です。WireImageをはじめとし、今後もさらなる進化とコンテンツの充実に努めてまいります。 
 WireImageの他にもゲッティ イメージズには、旬のセレブのオフショット、プライベートショットや、ファッションショーの写真、往年の大女優のポートレートやロイヤルファミリーの歴史的写真など、幅広いカテゴリーのエンターテインメントコンテンツを取り揃えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング