新製品のご案内:タブレット端末時代の次世代型教育用無線アクセスポイント

PR TIMES / 2014年9月4日 16時16分

先生と子どもたちがつながって行く、Interactive Communication Box (ICB) 発売のお知らせ

 テクノホライゾングループの株式会社エルモ社(本社:名古屋市瑞穂区明前町6-14代表取締役社長:林数馬)は、2014年10月14日(火)、学校や教育機関向けに次世代型教育用無線アクセスポイント:Interactive Communication Box(インタラクティフ゛・コミュニケーション・ホ゛ックス、愛称:「つながるもん」、型番:CRI-1、以下ICB)を発売いたします。
 日本の学校では2009年度の「スクールニューディール」政策以降、ICT機器の導入が本格的に進んでおり、無線LANを始めとする教室内のネットワークインフラ整備と各種ICT機器間の接続環境の最適化という課題があります。
 ICBは、複数のICT機器の接続を最適化することで煩雑な配線を減らす(ワイヤレス接続)、次世代型教育用無線アクセスポイントであり、アクセスポイントとしての使用方法以外に、タブレット端末画面のワイヤレス投影、書画カメラ映像のワイヤレス出力が可能です。付属の電子黒板化ソフト「ELMO Interactive Toolbox」を組み合わせると、タブレット端末画面の拡大、描画も可能となります。



 テクノホライゾングループの株式会社エルモ社(本社:名古屋市瑞穂区明前町6-14代表取締役社長:林数馬)は、2014年10月14日(火)、学校や教育機関向けに次世代型教育用無線アクセスポイント:Interactive Communication Box(インタラクティフ゛・コミュニケーション・ホ゛ックス、愛称:「つながるもん」、型番:CRI-1)を発売いたします。

 日本の学校では2009年度の「スクールニューディール」政策以降、ICT機器の導入が本格的に進んでおり、これまでにデジタルテレビ(31.7万台)、書画カメラ(実物投影機)(約15.9万台)、電子黒板(約8.2万台)が整備されてきました。また、昨今は文部科学省策定の「教育の情報化ビジョン」に基づき、子どもたちに一人一台の情報端末を配布し情報通信技術の環境を整備して行くという方針のもと、タブレット型コンピュータの導入が急速に進んでおります。そうした中、無線LANを始めとする教室内のネットワークインフラ整備と各種ICT機器間の接続環境の最適化は大きな課題の一つであります。(*平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果より。デジタルテレビのみ平成24年度の台数)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング