8月19日はバイクの日、俳句の日 バイクで俳句・川柳グランプリ2012 ~今年も開催します! 6月8日から7月21日まで作品大募集!!~

PR TIMES / 2012年6月8日 17時28分



オートバイライフの楽しさやオートバイ市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』(所在地:渋谷区広尾、所長:澤篤史)は、8月19日の「バイクの日、俳句の日」にちなみ、オートバイライフの魅力をテーマにした俳句と川柳の募集企画「バイクで俳句・川柳グランプリ2012」を開催します。募集期間は2012 年6 月8 日(金)か
ら7 月21 日(土)で、受賞句は8 月19 日(日)に発表します。

大賞「バイク王 バイクライフ研究所賞」の受賞者には、
賞金3 万円とツーリング先でも使えるポータブルテレビをプレゼント!!

当グランプリは、オートバイライフの魅力をユーザー・ノンユーザー問わず幅広い層の方にお伝えすることを目的に2007年から実施しています。これまでの開催で、計11,000句を超える俳句・川柳を皆様から応募いただきました。

今年の賞品は、ツーリングなどの外出先でも活躍するアイテムを念頭に、ポータブルテレビを始め、アウトドア用アイスクリームメーカー、ポータブルチェアをご用意したほか、大賞(1名)・優秀賞(3名)の受賞者には、それぞ30,000 円、10,000円の賞金を贈呈します。

なお俳句・川柳の応募は、特設ウェブページより受け付けます。受賞句は、全日本川柳協会常任幹事のいしがみ鉄氏の選句により決定し、8月19日(日)に下記ウェブページにて発表します。

http://www.ikco.co.jp/haiku/

 ツーリングやタンデムの思い出・愛車への思いなど、皆様からの熱い思いのこもった一句をお待ちしています。

プレスリリースに関するお問い合わせ先

■株式会社アイケイコーポレーション
バイク王 バイクライフ研究所
担当: 平見、香川
TEL 03-6803-8855 E-mail
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア18F

■株式会社アンティル
第7 営業部 担当: 堀井、乗鞍、清水
TEL 03-5572-6064
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F

バイクで俳句・川柳グランプリ2012 概要

■ 募集内容
オートバイライフの魅力をテーマにした俳句と川柳を募集します。
■ 応募方法
アイケイコーポレーションウェブサイトの応募ページからご応募ください。
PC サイト http://www.ikco.co.jp/haiku/
モバイルサイト http://www.ikco.co.jp/haiku/m/
※バイク王 バイクライフ研究所の公式Facebook ページからも当グランプリの概要をご覧になれます。
http://www.facebook.com/bikelifelab

■ 応募期間
2012年6月8日(金) ~ 2012年7月21日(土)
■ 賞および賞品
大賞「バイク王 バイクライフ研究所賞 」(1名様)
30,000 円
Panasonic ポータブルテレビ
「VIERA SV-ME550」

優秀賞 (3名様)
10,000 円
Panasonic ポータブルテレビ
「VIERA SV-ME550」

所長賞 (5名様)
UCO アウトドア用
「アイスクリームメーカー」

佳作 (40名様)
バイク王 バイクライフ研究所特製
「ポータブルチェア」
※色の指定はできませんのでご了承下さい。

■ 選者 (敬称略)
全日本川柳協会 常任幹事 いしがみ鉄
バイク王 バイクライフ研究所 所長 澤篤史

■ 結果発表
2012 年8月19日(日)に、アイケイコーポレーションウェブサイトでペンネームと作品を発表します。

■ お問い合わせ先
「バイクで俳句・川柳グランプリ2012」事務局
TEL 03-6803-8855 (月~金、10:00~18:00)

■ その他
・ 賞品は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・ 応募の際にご登録いただきます個人情報は、審査、結果発表、賞品の発送等を目的として利用し、応募者の同意なしに第三者に開示・提供することはございません(法令などにより開示を求められた場合をのぞく)。また、応募された時点で当社の個人情報保護指針に同意いただいたものと見なします。

『バイク王 バイクライフ研究所』について

 バイク王 バイクライフ研究所は、『オートバイライフの総合プランナー』
をビジョンに掲げるアイケイコーポレーションが、オートバイライフの楽し
さやオートバイ市場の動向などを広く社会に発信することを目的に、2011
年8 月に発足した情報発信組織です。
 昨今、オートバイ業界は新車の販売不振や趣味嗜好性の多様化による若年
層のオートバイ離れなど、明るいニュースに乏しい状況が続いています。
 バイク王 バイクライフ研究所は、中立的な立場を意識し、専門家やユーザ
ーの方からの意見・データを収集・集積するとともにインタラクティブな情
報交換を行い、その結果をユーザーの方やマスメディアに向け、積極的に発
信することで、オートバイ業界の活性化に寄与していきたいと考えています。

バイク王 バイクライフ研究所
所長 澤篤史

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング