スマートデバイス活用ソリューション「moconavi(モコナビ)」販売開始

PR TIMES / 2013年1月29日 14時26分

~最短翌日からスマホによる社内システムの徹底活用が可能~



株式会社イーセクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 茂、以下 イーセクター)は、本日株式会社レコモット (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:東郷 剛、以下 レコモット)と、同社が開発・販売するグループウエア・eメール連携ツール「moconavi(モコナビ)」の販売代理店契約を締結、2月1日より提供を開始いたします。

昨今、スマートフォンやタブレット端末などスマートデバイス市場が急速に拡大し、企業が業務に活用するケースが増加しています。今回イーセクターが販売を開始するmoconaviは、専用のモバイルアプリケーション経由で企業内に導入済のグループウエアやメールシステムなどに接続し、安全にかつ使い勝手よく活用するモバイル連携ツールです。個人使用のスマートデバイスを業務用に活用するBYOD(Bring Your Own Device)に対応しています。BYOD利用の場合でも端末に業務情報を一切残さないことで、企業側は情報漏洩の心配や端末管理の必要が無く、社員もリモートワイプの懸念やプライベート領域を監視/侵害されません。

「moconavi」はスマートデバイスにインストールされた専用のモバイルアプリケーションを利用し、企業内に設置したアダプタサーバを経由して、社内導入されているグループウエアやメールシステムなどの業務システム、もしくはクラウドで提供されているシステムと接続します。専用アプリケーションでは、業務に必要なメール、連絡先、スケジュール、ファイルビューア、およびセキュアブラウザ※1により各種グループウエア機能が提供され、スマートデバイスの操作性を活かしたまま社内システムを利用することができます。なお、本アプリケーションを利用するにあたっては、強固なセキュリティに守られたデータセンター内に構築するクラウド型と企業内に構築するオンプレミス型の2種類の提供形態がありますので、お客様のシステム運用形態に合わせた選択が可能です。

「イーセクター」はmoconaviの販売開始にあたり、ディストリビューターの立場から製品を提供すると共に、Sierやデータセンターを保有する企業と連携することで、それぞれの強みを活かしたトータルセキュリティソリューションを展開して、3年間で3億円の売上げを目指します。
※1.セキュアブラウザ:情報漏洩リスクの管理観点から端末にデータを残さない(キャッシュ、履歴、Cookie等)、アクセス先を制限する等の高い安全性を確保したブラウザです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング