1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「NISSAN LEAF Owners’ Meeting 2012 ~2nd Anniversary in 追浜~」開催!

PR TIMES / 2012年12月12日 11時45分

日産LEAF発売2周年を記念して日本中からオーナーが大集結! メーカーとユーザーがEVのある生活の魅力を語り合うイベントを開催



2012年12月12日
「Nissan LEAF Owners’ Meeting 2012 ~2nd Anniversary in 追浜~」PR事務局 


2012年12月8日(土)に神奈川県横須賀市の追浜「NISSAN GRANDRIVE」にて、日産LEAF発売2周年を記念し、日産社員とオーナー同士の交流をメインプログラムとした「NISSAN LEAF Owners’ Meeting 2012 ~2nd Anniversary in 追浜~」を開催しました。(日産自動車株式会社主催)

2010年10月より日産追浜工場で生産開始したLEAFは、同年12月の発売より海外も含め約4万6,000台が販売されています。本イベントは、抽選で選ばれた約190台、193組371名のLEAFオーナーが全国より一同に集結、海外からも米国、オランダ、ノルウェー、イギリスのオーナーが参加し、オーナー同士はもちろんのこと、日産の開発スタッフとも交流を深めました。日産のゼロエミッション事業本部執行役員の渡部英朗は、「LEAF誕生の地・追浜で2周年を迎えることができた」、「EVに賛同してもらえたことで世界に変化が起きている。今後も地球環境と自動車の将来を見据えながらEVを世界に広めていきたい」と挨拶しました。

会場には、1940年代に開発されたEV車「たま」やその他の歴代EV実験車輌の展示に加えて、エコブースや飲食コーナーのブース等も出店しました。またLEAFの開発陣を交えた「EVトークカフェ」では、参加者から熱心な質問が飛び交い、よりLEAFについての理解を深めて頂きました。また、メインスタジオにてトークセッションやLEAF2周年を記念する、LEAFの形を再現したサプライズバースデイケーキの登場、NISSAN LEAF NISMO RCへの同乗体験などもあり、大人からお子様まで愉しみながらオーナー様同士の交流も深める良い機会となりました。


■当日のプログラムの様子
・ゼロエミッション事業本部執行役員の渡部英朗よりご挨拶


・LEAF2周年を記念した特製バースデイケーキの登場で海外ゲストと記念撮影
「EVトークカフェ」では、EVの将来や走行性能、機能・デザインなど様々なテーマで交流を深めました。


・NISSAN LEAF NISMO RCへの同乗試乗体験会。
その静粛性と、Co2排出ゼロにも関わらず最高速度150キロの本格的な設計に、高い評価を受けています。


・1947年に生産された電気自動車「たま」のデモ走行には多くのギャラリーが詰めかけました。


・イベントの最後を飾ったのはオーナーによるパレードラン。総勢190台を超えるLEAFのパレードには圧巻でした。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング