東南アジア・東アジア5か国の大学生がビジネス提案で競う グローバルインターンシップ開催

PR TIMES / 2013年8月23日 11時2分

8月より エントリー開始

 経営コンサルティングを手がける株式会社リンクアンドモチベーション(以下LM)は、アジアにおける大学生の「グローバル人材としての能力開発」を目的として、「ASIAN JOB EXPRESS Contest 2013 ~グローバルインターンシップ~」を実施いたします。
 アジア5か国6エリア(※)で選抜された学生が集結し、協賛日本企業の出光興産株式会社、株式会社良品計画、イオン株式会社へアジアへのビジネス展開について提案します。
 ※アジア5か国6エリア・・・日本、中国、香港、シンガポール、ベトナム、インドネシア




《実施の背景》
■産業界をあげた大学生の「グローバルな能力開発」が急務
 引き続き成長著しいアジア新興国において、日本企業のアジア戦略的ビジネス展開は不可欠です。 今後の日本企業の成長には、産業界をあげた大学生の「グローバルな能力開発」が急務だとLMは考えます。

■「グローバル人材」の育成は、多様な価値観への対応力がカギ
 グローバル人材を育成するには、経済環境や教育環境、文化も異なる国で育った学生同士が、同じ目的に向かって協働することから生まれる「多様な価値観への対応力」だとLMは考えます。
 そこで、アジアの学生同士が本気で議論を行い、アジアにおけるビジネス展開の提案を行う場を提供します。そしてグローバルビジネスに必要な資質を開発し、産業界に必要な人材の能力開発を行います。


《「ASIAN JOB EXPRESS ~ グローバルインターンシップ ~」開催概要》


■開催の流れ
 各国で「ASIAN JOB EXPRESS Contest 2013 ~ グローバルインターンシップ ~」の予選会を実施し、協賛日本企業別に敷かれたコースの課題提出内容と面接により、コース別の決勝進出者を選抜します。その後、決勝進出者は日本で開催される4泊5日の決勝戦へ参加し、各エリアの決勝進出者と共に最終課題に挑みます。尚、コミュニケーションは全て英語で行います。


■開催期間と場所
 ・エントリー:8月初旬(エントリー受付中)
 ・予選会:8月~10月 各国にて
 ・決勝戦:12月中旬 東京にて

■参加対象学校(※国毎に五十音順)
 【日本】大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、上智大学、東京大学
     東京工業大学、一橋大学、早稲田大学、等
 【中国】上海交通大学、清華大学、同済大学、中国人民大学、復旦大学、
     北京大学、北京郵電大学、等
 【香港】香港大学、香港科技大学、香港城市大学、香港浸曾大学、香港中文大学、香港理工大学、等
 【シンガポール】シンガポール国立大学、南洋理工大学、等
 【インドネシア】インドネシア大学、ガジャマダ大学、バンドン工科大学、ボゴール農科大学、等
 【ベトナム】ハノイ工科大学、ハノイ国家大学、ハノイ貿易大学、ホーチミン市工科大学、等

■協賛企業
 ・出光興産株式会社
 ・株式会社良品計画
 ・イオン株式会社

■「ASIAN JOB EXPRESS Contest 2013 ~ グローバルインターンシップ ~」公式サイト
 http://asianjob-ex.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング