~水産缶詰の7~8月の購買理由~ 売れ筋ランキング1位「はごろも」、2位「マルハニチロ」、3位「PB」! 「さば缶」がテレビ放送後、「かつお・まぐろ缶」を抜いて首位に!

PR TIMES / 2013年8月22日 10時30分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。
 対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約40カテゴリー。2013年8月20日時点で、購買理由データ数332,332件、会員数38, 615名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は7月1日~8月11日の約1カ月間、分析対象カテゴリーは「水産缶詰」で実施し、全国を対象に1,801レシートデータ(男性:642レシートデータ、女性:1,159レシートデータ)の回答をもとに分析しました。




◆売れ筋上位10社で全体の94.0%を占める


 水産缶詰の対象期間における購入は1,801レシートとなり、総合ランキングでは1位「はごろもフーズ」が376レシート、2位「マルハニチロ食品」が323レシート、3位「PB(プライベートブランド)」が243レシート、4位「極洋」が194レシート、5位「いなば食品」が182レシートとなりました。カテゴリー全体の1,801レシートに対し、主要売れ筋10社の累積レシートデータ数は94.0%を占めました。


◆購入した水産缶詰は、7月31日以降「さば缶」が全体の40%で首位に


 購入した水産缶詰を中身ごとに日別で見ると、7月31日から「さば缶」の割合が高くなりました。一部のテレビ(7月30日夜)で、「さば缶」で痩せると取り上げられた影響と考えられます。「テレビでさば缶が健康に良いと放送された後、それを示唆するようなPOPなどがあり、店頭でも目立っていたので(30代・既婚女性)」と、テレビで取り上げられた事に関するコメントが多く見受けられました。


 その後、8月1日は26%となりました。「サバ味噌缶の安売りをしていたので購入。商品の補充が間に合っていなかった(50代・既婚男性)」とあるように、店頭での在庫がなかった可能性も考えられます。

 その翌日以降は44%(8月2日)、47%(3日)、39%(4日)、41%(5日)と、7月30日まで割合の高かった「かつお・まぐろ缶」より高い数字となりました。

 「さば缶」が取り上げられた日の前後1週間を比較すると、前の週(7月24日~30日)は「かつお・まぐろ缶(46%)」、「さば缶(22%)」の順となり、後ろの週(7月31日~8月6日)では「さば缶(40%)」、「かつお・まぐろ缶(37%)」となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング