起業家養成の「アタッカーズ・ビジネススクール」通学講座

PR TIMES / 2013年12月2日 15時6分

【2014年1月開講】アカデミックではなく、実践力で勝ち残るストリートスマートになる! ~ 一流講師陣が、少数精鋭で直接指導!起業・新規事業へ、真剣勝負の場がここに ~

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営するアタッカーズ・ビジネススクール(大前研一監修、以下ABS)は、2014年1月より開講予定の
通学講座【14年第1期】の受講生を募集開始しました。


 めまぐるしく変わる世の中の動きや価値観。今や「知識」や「資格」だけでは通用しない時代となりました。時代に左右されず、常に世の中に新しい価値を生み出していくことのできる力が、今求められています。
 ABSは、これからの時代に勝ち残るためには、自らの力で考え、決断し、そして行動することができる力が必要不可欠だと考え、新しい価値を生み出す原動力となるアントレプレナー(起業家)育成に力を入れています。開講以来17年間で、受講生の中から780社が誕生。mixiやケンコーコム、アイスタイルなど7社が上場しました。単なるナレッジや小手先のスキルを教えるのではなく、自ら考え、答えのないところに自分なりの答えを見つけて自己成長できる人材の育成を理念として掲げ、実行してきた結果だといえます。
 昨今では、起業家支援制度の充実や、起業する際の様々なコストが低減されるなど、起業にチャレンジしやすい環境が整ってきました。そんな中、にわかに起業が注目され、入念な準備をしないまま、「とりあえずやってみよう」と安易に起業に踏み出すケースもあとを絶たず、会社を立ち上げても5年後に残る企業は10%未満とも言われています。せっかく芽生えた志や思いを実現し、事業立上げの成功確率を上げるためにも、正しく学び、少しでも持続可能性の高い事業を創っていただくことが、ABSの理念と言えます。

 事業において重要な鍵を握る【商品・顧客開発】においては、素早く商品開発を行い顧客に提供し、そのフィードバックを仮説検証しながら、成功確率を上げることが重要です。同時に、外部環境や今ある資源などあらゆる側面から事業を分析し、売り方や利益モデルを確立して事業計画を創り上げる必要もあります。なぜなら、商品さえ良ければ事業がうまくいくというものではなく、儲かる仕組み創りや、組織のマネジメント体制の確立など、やり方次第で大きく結果は変わってくるからです。また実際に事業化をする場合には、仲間や投資家に事業計画書を共有することで事業の方向性を示し、資金を調達する必要があります。そういった意味でも、やはり事業計画書を創り上げる意味は大きいものであるといえるのです。
 過去17年に渡って起業家を輩出してきたABSでは、事業実現までのスピードと成功確率を高めるために、事業立上げにおけるそれぞれのステップごとに必要なカリキュラム作りを徹底して行い、多くの実績を残してきました。さらには、受講生のスタートアップ時に資本金の一部を支援するSPOF(スポッフ)という制度で、資金面でもバックアップ(年2回募集、審査あり)しています。加えて、志を共にする仲間との出会いにより、お互いがお互いを支え合い、切磋琢磨する環境を提供してまいりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング