トリナ・ソーラー、2014年第3四半期の業績を発表

PR TIMES / 2014年12月8日 12時15分

常州(中国)発2014年11月24日/PRNewswire/ -- 太陽光電池(「PV」)のモジュール、ソリューションおよびサービスにおいて世界のPV業界をリードするTrina Solar Limited(NY証券取引所:TSL)(「トリナ・ソーラー」または「当社」)は本日、2014年第3四半期の決算報告(未監査)を発表しました。


2014年第3四半期の財務・業績のハイライト
・ 太陽光電池モジュールの総出荷量は1,063.8 MWで、前四半期(943.3 MW)比12.8%増
・ 純収入は616.8百万ドルで、前四半期比18.8%増
・ 粗利益は102.8 百万ドルで、前四半期比28.1%増
・ 粗利益率は16.7%(前四半期は15.4%)
・ 営業利益は35.6百万ドルで、前四半期比127.1%増
・ 営業利益率は5.8%(前四半期は3.0%)
・ 純利益は10.6百万ドルで、前四半期比2.7%増
・ 未実現為替差損益を除いた純利益は$26.9 百万で、前四半期比217.2%増
・ 完全希薄後の米国預託株式(「ADS」、ADS 1株が当社の普通株式50株に相当する)1株当たり利益は0.14ドルで、前四半期と同じ。未実現為替差損益を除いたADS 1株当たりの利益は0.34ドルで、前四半期比189.7%増。

トリナ・ソーラーの会長兼最高経営責任者の高紀凡(Mr. Jifan Gao)は、次のようにコメントしました。
「2014年第3四半期はモジュール事業と下流部門プロジェクト事業の両事業で好業績をあげ、中核事業の着実な収入増および利益増を目指した当社の取り組みを実証する形になりました。外国為替変動およびヨーロッパでの需要の落ち込みにもかかわらず、引き続き財務および業績の目標を達成もしくは上回る成果をあげました。特に粗利益率は経営のご案内を大幅に上回りました。当四半期にモジュール事業の競争優位性を強化するためにモジュール製造原価の削減に努め技術躍進に注力したことが、よい結果をもたらしました。当社は引き続きモジュール事業部門と下流事業部門との間の相乗効果を活用し、その結果として生まれる好調な勢いが今年中さらに来年まで続くことを期待しています。

当四半期に中核事業の収益性が向上しました。主に日本および中国からの需要の増大により、営業利益が前四半期比127%増加しました。地理的市場の拡大および多様化を目指す当社の戦略が、当四半期も継続してよい結果をもたらしました。新興市場での売上高が総出荷量の15%近くを占め、より多くの国と地域をカバーするより包括的かつ多角的な製品流通ネットワークを構築するという当社の近年の努力が成功していることが実証されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング