パックネット、中国天津市にTier 3データセンターを開設

PR TIMES / 2014年11月4日 10時18分

Software-Defined Networking(SDN)機能によって帯域幅を柔軟に拡張できるサービスをお客様に提供

2014年11月4日、香港 - アジア太平洋地域における統合テクノロジーソリューションの大手プロバイダーであるパックネットは、北京・天津・河北地域内でのデータセンターおよびマネージドサービスの需要拡大に対処するため、中国天津市に新たなデータセンター(TJCS1)を10月28日に正式に開設しました。新しい施設は、SDN(Software-Defined Network)機能を提供することによって、お客様がビジネスニーズに基づいて帯域幅をオンデマンド・ベースでセルフプロビジョニングできる、完全なネットワーク制御機能を実現します。

この施設は、中国天津市武清区のGaocun Science & Technology Innovation Parkに戦略的な観点から開設されたものです。パックネットが中国に設立した合併通信事業者Pacnet Business Solutions (PBS)と天津市武清区政府によって開設されたTJCS1は、2,000ラックが設置可能な規模のセンターです。この天津施設の開設は、武清区のGaocun Science & Technology Innovation Parkを中国北部の主要技術ハブとして確立させようという企図に貢献します。また、北京・天津・河北省を1つの巨大都市として一体化させるという最近の政府計画の目標に対応するもので、中国の経済改革と消費主導型の持続的成長を促進します。

パックネットの最高経営責任者(CEO)であるカール・グリブナー(Carl Grivner)は、次のように述べています。「急速に発展している天津市に、最大規模のデータセンターを開設でき,大変喜ばしく思います。この施設は、世界で最も急成長している経済圏で、国内企業と多国籍企業両方のデータセンターのニーズを弊社が満たせるということを、改めて証明しています。また本日のTJCS1の開設は、パックネットを中国のデータセンター業界のイノベーターとして位置付け、中国でのSDNソリューションの提供を実現するものでもあります」。

Gartnerによると、中国のデータセンターキャパシティは2016年までに年間複合成長率(CAGR) 11.3%で成長すると予測されています。IDCもまた同時期に、中国全体のインターネットデータセンターサービス市場が2012年の17億ドル(約1,840億円)から2017年には39億ドル(約4,210億円)に達すると見積もっており、またCAGRは25%と予測しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング