日米拠点のVC DNX Venturesが3号ファンドを約330億円でファイナルクローズ

PR TIMES / 2020年9月9日 8時45分

追加投資ファンドなどを合わせAUMは約580億円に

米国シリコンバレーと東京に拠点をおくベンチャーキャピタルDNX Ventures(以下、DNX)は、2020年8月、当社を無限責任組合員とする3号ファンド(米国デラウェア州法に基づき設立されたファンド及び日本の投資事業有限責任組合等から構成されるファンド、以下「3号ファンド」)の組成を完了致しましたことをご報告させて頂きます。




[画像1: https://prtimes.jp/i/21318/10/resize/d21318-10-301914-2.jpg ]


■ 機関投資家、事業会社合計29社よりご出資
2020年8月、当社を無限責任組合員とする3号ファンドの組成を、日米合計約330億円で完了致しました。
同3号ファンドには(以下五十音順・順不同敬称略)、株式会社IHI、ENEOS株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、株式会社小松製作所、Sansan株式会社、株式会社ジェーシービー、CCCマーケティング株式会社、セコム株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、大和証券グループ、高千穂交易株式会社、独立行政法人中小企業基盤整備機構、東京海上日動火災保険株式会社、東芝テック株式会社、日鉄興和不動産株式会社、浜松いわた信用金庫、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズ、ファーストブラザーズ株式会社、株式会社ポーラ・オルビスホールディングス、株式会社みずほ銀行、三井不動産株式会社、その他機関投資家などからご出資頂いております。


■ すでに3号ファンドより60社へ投資、投資チーム体制も強化
また、3号ファンドからは(以下五十音順・順不同敬称略)、すでに以下記載のスタートアップとその他シードスタートアップ、合計60社のB2B領域の日米スタートアップへ投資を実行致しました。

《日本ファンド》


異常をほぼ100%検出する検査・検品 AIを開発・提供する株式会社アダコテック
サブスクリプション契約管理・請求管理・決済基盤SaaS "Scalebase" を開発するアルプ株式会社
人事組織情報の管理を含むSaaS統制プラットフォーム "YESOD" を開発する株式会社イエソド
ビジュアルSOPマネジメントプラットフォームを提供する株式会社スタディスト
VRコンテンツの制作編集、活用管理を簡単にするVRクラウドソフトの株式会社スペースリー
クラウド型RPA "Robotic Crowd"を提供する株式会社チュートリアル
PC画面上に操作案内を表示させ企業のシステム利活用/DXを推進するテックタッチ株式会社
飲食店向け予約・顧客管理SaaSとユーザー向け飲食店検索・予約ポータルサイトを提供する株式会社TableCheck
社員主導型の採用方式「スクラム採用」の推進を支援する、採用プラットフォームを提供する株式会社HERP
組織改善クラウド・OKRコーチサービスを提供するResily株式会社


《米国ファンド》

広告クリエイティブに特化したグローバルプラットフォームを提供するCreadits社
子供向け自動車配車サービスを提供するZūm社
看護師補助ロボットを開発するDiligent Robotics社
イベント集客サポートプラットフォームを提供するBanzai社
B2B企業向け決済処理のサービスを提供するPaystand社



■ ファンドおよびチームの大型化に伴い体制強化
運用金額の増額とそれによる投資実行数が増加するなか、引き続きリードインベスターとして投資を実行し、投資先各社の経営支援を行えるよう、投資活動を強化してきました。日本チームはマネージングパートナー倉林陽が日本代表に就任し、引き続きSaaS分野を中心に積極的な投資を進めていく予定です。今後更なるメンバーの拡充も行い、体制強化を図る予定です。

日本でのSaaS領域における確固たる実績に加え、シリコンバレーのネットワーク・エコシステム・アントレプレナーシップを最大限に利用することができるベンチャー・キャピタルとして、革新的な技術に裏打ちされた成長力の高いベンチャー企業への投資を実践すると共に、世界的視野を持つベンチャー企業と日本の大手事業会社の
事業に伴走して参ります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/21318/10/resize/d21318-10-906192-0.jpg ]


■ DNX Venturesについて
DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。これまでに3つのファンド、累計約580億円を運用し、日米を中心に100社以上のスタートアップ企業へ投資を実行、13社をエグジットに導いてきました。B2Bスタートアップのうち主な投資領域は、クラウドSaaS、フィンテック、フロンティアテック、サイバーセキュリティー、リテールテック等の領域で、アーリーステージで投資しています。

また、シリコンバレーのトップティア・ベンチャーキャピタルである Draper Venture Networkの一員としての長年の活動を通じ、日米の橋渡し役として強固な信頼を築き、100件を超える日本の企業様のスタートアップとのパートナーシップおよび協業を支援する等、豊富な実績を残しています。


■ ウェブサイトリニューアル
また、この度当社のコーポレートウェブサイトをリニューアルいたしました。DNXの投資方針や投資先支援について新たにご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
https://dnx.vc/jp

[画像3: https://prtimes.jp/i/21318/10/resize/d21318-10-108037-1.jpg ]



■ 本件に関するお問い合わせ
DNX Ventures(担当:上野) hello@dnx.vc

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング