9年連続シェアNo.1を達成

PR TIMES / 2018年10月22日 13時40分

アイマトリックス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:小島 美津夫)は、自社開発アンチスパムアプライアンスが9年連続市場シェア1位を獲得したことを発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/21486/10/resize/d21486-10-389250-0.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/21486/10/resize/d21486-10-820638-1.png ]



【概要】

 2018年8月に株式会社ミック経済研究所より発刊された「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2018年版 【Web&メールセキュリティ編】」の調査結果によると、アイマトリックスが2017年度の「アンチスパムメール」市場においてシェアNo.1に選ばれました。2009年より9年連続で市場シェアNo.1(※)を獲得いたしましたのは、長年多くのお客様にご愛顧いただきましたおかげです。

 輝かしいシェアNo.1の対象となったのは、弊社製品「マトリックススキャン・マトリックスゲートシリーズ」です。「マトリックススキャン」はスパムメール対策の代名詞と言える “高検知率・低誤検知率”を実現する、純国産・自社開発のメールセキュリティーアプライアンスです。中でも、「マトリックスゲート」は入口対策と出口対策を同時に可能とする統合型メール・Webセキュリティーアプライアンスです。10年以上に及ぶビッグデータ解析への注力の結果、自社開発AI(人工知能)/ ディープラーニング技術を始めとする最先端技術を活用して、ステルス性の高いマルウェアや巧妙な標的型攻撃からの防御に成功しています。更には、柔軟で高品質なサポートでもご好評いただいており、常にお客様に最適な利用環境をご提供します。

 アイマトリックスは弊社モットーである「より安全なビジネス環境」を実現するため、最先端技術の研究・開発を進めて参りました。最近では、情報漏えいの大きな原因となりうる送信メールに対するセキュリティー対策の必要性に着目し、送信メールモニタリングシステム「マトリックス インサイト」を販売。全ての送信メールをAI/ ディープラーニングを活用した「KizAssy」(きざし)プラットフォームでリアルタイムに学習・解析・モニタリングすることで、送信メールに起因する情報漏えいを始めとする脅威の予知・遮断を実現します。アイマトリックスは、常に新しいアイデアと最先端技術をお客様に提供し、多角的なアプローチで情報セキュリティーリスクの軽減に努めております。

【今後の展望】

 創立以来、最先端情報セキュリティー技術の研究・開発に努めており、現在、4500万以上のメールアカウントのセキュリティーに貢献しています。今後も日々進化する未知の脅威や巧妙な攻撃に対抗する為、現状の評価に甘んじることなく、今後も一歩先の視点に立ったセキュリティー課題の解決に精進してまいります。

【対象製品】

マトリックススキャンAPEXIII
https://www.imatrix.co.jp/product/scan.html

マトリックスゲート
https://www.imatrix.co.jp/product/gate.html

マトリックス インサイト
https://www.imatrix.co.jp/product/insight.html

【アイマトリックス株式会社について】

URL: https://www.imatrix.co.jp/
2000年に創立され、主にEメール、システムセキュリティーに関連するサービス、技術・市場開発を行ってきたベンチャー組織。日本市場シェアNo.1の「マトリックススキャン」に代表されるメールセキュリティーソリューションの開発・販売を主軸とし、アイマトリックス独自開発技術によるハードウェア・ソフトウェア製品を発売しており、現在約4500万件以上のアカウントのセキュリティーに貢献しています。国内大手通信事業者から、組織、大学、ISP と多岐にわたる多くの団体・組織を顧客としています。(※)

■ 製品に関するお問い合わせ先
アイマトリックス株式会社
カスタマーリレーションズ 営業担当
TEL: 044-272-6771    E-mail: sales@imatrix.co.jp

■ 報道に関するお問い合わせ先
アイマトリックス株式会社
カスタマーリレーションズ 広報担当
TEL: 044-272-6771    E-mail: press@imatrix.co.jp

※出典:情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 【外部攻撃防御型ソリューション編】  
    株式会社ミック経済研究所2010~2017年版
    サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 【Web&メールセキュリティ編】
    株式会社ミック経済研究所2018年版

このニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。製品・サービスの内容や仕様、料金などの情報は予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング