LINEとFOLIO、資本業務提携を締結

PR TIMES / 2018年1月18日 10時1分

「LINE」上での次世代型投資サービス「FOLIO」の展開に向け協業

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)と株式会社FOLIO(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:甲斐 真一郎、以下FOLIO)は、コミュニケーションアプリ「LINE」上での次世代型投資サービス「FOLIO」の展開に向けた資本業務提携を締結いたしましたので、お知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/22761/10/resize/d22761-10-897668-1.jpg ]

FOLIOは「資産運用をバリアフリーに。」というミッションを掲げ、誰もが資産運用を簡単に始められ、そして楽しく続けられるサービスを開発し、2017年11月よりβ版サービスを一般公開しています。 国内株を取り扱う独立系証券会社においては、約10年ぶりのオンライン証券の誕生であり、テーマに投資できるサービスは日本初であるため、期待が高まっています。

LINEでは、コミュニケーションアプリ「LINE」を入り口として、オンライン・オフライン問わず、24時間365日いつでもどこでも、人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、全てが完結するスマートポータル戦略を推進しています。ニュースやマンガ、ゲームなどのコンテンツプラットフォームと、決済、ショッピング、求人情報などのライフプラットフォームの二軸において様々な取り組みやサービス展開を積極的に行っております。

本資本業務提携により、LINEからFOLIOへの出資を行い、今後、国内月間利用者数7,100万人を超えるユーザー基盤を持つ「LINE」上での「FOLIO」の展開に向け、両社で協業し、すべての人がより身近に、そして楽しく資産運用をはじめられる世界を創出すべく、準備を進めてまいります。


■LINE株式会社 代表取締役社長 CEO 出澤 剛 コメント:
このたびの提携でFOLIO社と協業することにより、「LINE」内で「FOLIO」のサービスを提供できること大変嬉しく思います。「FOLIO」の、テーマに投資するというこれまでにない新たな投資スタイルや洗練されたUIは、投資をより身近で手軽にするものであり、投資経験者はもちろんのこと、投資に興味があっても手を出せていない投資初心者や投資から離れてしまっている方などが投資を始めるきっかけになります。また、オンライン証券は、「LINE」のスマートポータル戦略においても今後重要な役割を果たすものになると考えております。両社で協力し、サービスを通じて、皆さまの生活をより便利で豊かなものとすべく、努めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング