AI マーケティング・広告運用自動化サービス「Roboma(ロボマ)」がマーケティングプラットフォームの「AD EBiS(アドエビス)」と連携開始。

PR TIMES / 2019年9月17日 13時40分

RoboMarketer 株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:岡崎哲朗 以下「当社」)は、広告効果を最大化するための AI マーケティング・広告運用自動化サービス「Roboma(ロボマ)( https://roboma.io)」の提供を行なっております。

この度、ユーザーニーズの強かったマーケティングプラットフォーム「アドエビス( https://www.ebis.ne.jp/)」と連携しました。この連携により、広告データと成果データを紐付けた ROAS レポートを Roboma 上で閲覧・分析いただくことが可能になりました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30738/10/resize/d30738-10-667395-3.png ]

Roboma(ロボマ) https://roboma.io/
AD EBiS(アドエビス) https://www.ebis.ne.jp/

■ 新機能リリースに至った背景

広告運用における効果改善ができる「Roboma」は、EC サイトや Web サイト運営の効果改善にも効果を発揮しております。EC 事業者の広告効果分析として「アドエビス」を利用されている企業が多かったこともあり、今回のサービス連携に至りました。

■ 連携により得られるメリット

これまでエクセルや Google スプレッドシートなどで手動で紐づけていた広告データと成果データを自動で集計することができるようになり、ROAS(広告費用対効果)やより精緻な CPA を Roboma のダッシュボード上に表示することができます。正しいデータをもとに広告運用できるため、広告効果の改善につながります。また、各媒体の管理画面を毎回見る必要がなく、データを一元管理できるので、業務効率化にもつながります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/30738/10/resize/d30738-10-796435-2.png ]


■ AD EBiS(アドエビス)とは( https://www.ebis.ne.jp

「AD EBiS(アドエビス)」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

■ Roboma(ロボマ)とは( https://roboma.io/

「Roboma(ロボマ)」は、グリーやミクシィ出身のマーケターによって作られたマーケティング自動化サービスです。常態化するマーケティング業務の過負荷の削減と、日々高まるマーケティングの重要性を解決するべく生み出したサービスです。 経験豊富なメンバーと独自開発の AI 技術により、誰でも簡単に本質的なマーケティング業務を行うことを可能にします。

当社では、「マーケティングの力で世界を楽しく幸せにする」というミッションのもと、 マーケティング業務の自動化を推進し、マーケターが本質的な業務に集中することで、より良いサービスが世の中に広がることを目指します。

公式Facebook: https://www.facebook.com/178595869409652/
公式Twitter: https://twitter.com/robomarketerinc
公式ブログ: https://roboma.io/blog/

■その他メディア掲載

- TechCrunch
https://jp.techcrunch.com/2019/05/29/roboma-ai/
- Ledge.ai
https://ledge.ai/roboma-ai/
- MarkeZine
https://markezine.jp/article/detail/31175

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング