14歳で不登校・適応障害、27歳で年収700万!「不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術」発売

PR TIMES / 2019年7月8日 15時40分

不登校で暗闇の只中にいる14万人の希望となる、話題の生きかた・働きかた指南書。

株式式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・伊藤滋)は、2019年7月4日に書籍「不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術」を刊行いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/37885/10/resize/d37885-10-476947-0.jpg ]

大きな社会問題として掲げられている「不登校」。全国で不登校の小、中学生は今や14万人を超えています。また、不登校の状態が続いたまま、高校進学が厳しくなり、社会復帰できない「社会難民」「大人の引きこもり」も大変な数で増え続けています。いじめを苦に自殺する若者も、後を絶ちません。

著者のWebライター、山口恵理香さんも不登校を乗り越えてきた当事者です。本書では、いじめをきっかけに不登校となり、14歳で「適応障害」と診断されてから、フリースクール、大学進学、3ヶ月で就職先を退職・・・とフリーランスのWebライターになるまでの生きる術、人脈ゼロから年収700万に至るまでの仕事術について紹介してまいります。
Webライターという仕事は、自宅でもできる仕事です。コミュニケーションが苦手だったり、毎日、会社に出勤するワークスタイルが体調的に難しかったりする人にとっては、自分らしく働ける可能性のある仕事なのです。
どうすれば、不登校を乗り越えられるのか。どうすれば、心の病と向き合いながらも社会の中で働き続けられるのか。「社会人未経験でも年収700万円のフリーランスになれた理由」「売れっ子Webライターになれた理由」「適応障害の私なりに周りと上手に付き合う方法」など、この1冊で繊細な若者が「弱い自分なりにも強く生きていくためのヒント」を見つけられる内容となっております。
レールから外れても、自分の意志次第で人生は変わりはじめる。これからは心の弱さも個性となる時代になるでしょう。自分らしい生きかた・働きかたを見つけてみませんか?
この本は、不登校で暗闇の真っ只中にいる子供たちを勇気づけ、また、その親御さんにとっても、希望の光となる1冊です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/37885/10/resize/d37885-10-698266-1.jpg ]

「不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術」
山口恵理香 [著]
2019年7月4日刊行
定価:1400円+税
四六判・256頁
【目次】
Chapter1:14歳で不登校、適応障害。人と違う人生って、つらいけど楽しい【人生】
Chapter2:社会人未経験でも年収700万円のフリーランスになれた理由【仕事術】
Chapter3:時は金なり。売れっ子Webライターになれた理由【時間管理】
Chapter4:「万年うつ」の私なりに自分らしく生きる方法【習慣】
Chapter5:毎日がジェットスターの心とどう向き合うか【体調管理】
Chapter6:適応障害の私なりに周りと上手に付き合う方法【人間関係】

【著者プロフィール】
山口 恵理香
1990年、東京都生まれ。コラムニスト、Webライター。
中学生時代に3年間の不登校を経験、「適応障害」と診断され、引きこもり生活に。
大学卒業後、NPOに就職するが、わずか3か月で退職。社会人経験ゼロ、人脈なしの状態から、自ら営業をかけ、Webライターの仕事を確立させる。恋愛・ライフスタイルの記事を中心に、現在も人気女性向けサイトにて執筆中。人生のテーマは「瞬間を生きる」。金髪のグラデーションヘアとCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

【書籍のご購入はこちら】
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/15949228/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4426125537/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_0e4bDb84TN0M6

【会社概要】
会社名:株式会社自由国民社
所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-11
代表者:伊藤 滋
設立:1928年(昭和3年)8月5日
URL: https://www.jiyu.co.jp/
事業内容:雑誌・書籍の編集、出版等

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社自由国民社
TEL:03-6233-0781
FAX:03-6233-0780

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社自由国民社
宣伝企画部
TEL:03-6233-0783
FAX:03-6233-0780

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング