【外出中にもマーケティング】ビジネス・マーケティング思考ツール「BizMake」ver1.6でスマホ操作が可能に。

PR TIMES / 2019年11月18日 12時35分

スマホ対応とプロジェクト共有機能の追加

東京システムハウス株式会社(以下、当社)は2019年11月18日(月)にビジネス・マーケティング思考ツール「BizMake(ビズメイク)」のver1.6をリリースしました。今回のアップデートではスマートフォンに対応したほか、プロジェクトを共有する機能を追加いたしました。



BizMakeはビジネス・マーケティング思考のためのWEBサービスです。
ビジネスフレームワークをWEB上で簡単にご利用いただけます。
https://bizmake.jp


■ver1.6アップデート内容
【スマホ対応】

[画像: https://prtimes.jp/i/38371/10/resize/d38371-10-503247-2.jpg ]

外出中などスマホで簡単にビジネスアイディアのまとめが可能になりました。
スマホで保存した気づき・アイディアをPCでブラッシュアップするといった使い方ができます。

※スマホ対応フレームワーク
ビジネスモデルキャンバス、リーンキャンバス、PEST分析、5Forces分析、3C分析、SWOT分析、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング、4P分析、4C分析

【プロジェクト共有】


作成プロジェクトの共有・共同編集が可能になりました。
社内外のユーザー同士と思考・戦略の共有、共通言語の形成に役立ちます。
※プロジェクト共有はCommunityプランの機能となります。

【その他機能追加・UI修正】


■BizMake制作背景
製品やサービスのコモディティ化が進み、情報が溢れかえる昨今、企業における新規事業の開発や既存事業の見直しの必要性は年々、高まっています。ビジネスの推進には、ユーザーファーストの原点に立ち戻り、顧客ニーズの仮説検証サイクルスピードを高めることが重要であると当社は認識しております。しかし、ビジネスを推進する上で以下のような課題を抱えられている企業が多いのではないでしょうか。

・事業開発のノウハウ、メソッドが体系化されていない。
・事業開発の手法が乱立しているため、何を使うべきかわからない。
・本来手段であるビジネスフレームワークが目的化してしまっている。
・チームでVision・Goalがうまく共有できない
・社内承認のための資料作成に時間がかかる
etc..

このような現状を打破すべく、WEBブラウザで手軽にビジネス・マーケティングの思考・共有ができるBizMakeを制作いたしました。


■BizMakeについて
BizMakeはビジネス・マーケティング思考のためのWEBサービスです。
BizMakeを活用した企業向け研修・コンサルティングも提供しております。
https://bizmake.jp


■ 会社概要
会 社 名:東京システムハウス株式会社
代 表 者:林 知之
所 在 地:東京都品川区西五反田 7-1-10
事業内容:コンピュータ利用に関する総合サービス
HP: https://www.tsh-world.co.jp/

■ お問合わせ
東京システムハウス株式会社
WEBサービスプロジェクト
info@bizmake.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング