やさしい日本語化を支援する、やさしい日本語エディタWordPressプラグインの提供を開始

PR TIMES / 2020年9月14日 11時15分

シェアNo.1 CMSでやさしい日本語の作成・ふりがな追加や分かち書きなど、やさしい日本語を支援。WordPress最新版の新エディタGutenbergとクラシックエディターの両方に対応。

アルファサード株式会社は、機械学習によるやさしい日本語化支援サービスの「伝えるウェブ」をシェアNo.1 CMSのWordPressの管理画面のエディタ上で利用できる「やさしい日本語エディタ WordPressプラグイン(Simplified Japaneseプラグイン)」の提供を開始します。無償で利用できるFreeプラン、API利用数や追加サービスやサポートのある有償プランをご用意しています。



やさしい日本語エディタ WordPressプラグイン「Simplified Japanese」を導入することにより、日本にいる外国人・日本語を勉強し始めた外国人でも理解しやすい日本語が簡単に発信できます。これにより、普段のコミュニケーション、さらには緊急時のコミュニケーションが取りやすくなり、情報をあらゆる人に、スピーディーに届けられるようになります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41204/10/resize/d41204-10-962791-0.png ]

やさしい日本語とは?
普通の日本語よりも簡単で、外国人にもわかりやすい日本語のことです。1995年1月の阪神・淡路大震災では、日本人だけでなく日本にいた多くの外国人も被害を受けました。その中には、日本語も英語も十分に理解できず必要な情報を受け取ることができない人もいました。そこで、そうした人達が災害発生時に適切な行動をとれるように考え出されたのが「やさしい日本語」の始まりです。
近年は小中学生への情報理解度を高めたり知的障害者への情報伝達にも寄与することが研究機関などの研究でわかっています。

プラグインの機能1 : やさしい日本語への自動言い換え
操作は文章を選択して「やさしい日本語に変換」ボタンをクリックするだけ。伝えるウェブのAIによる自動翻訳で「やさしい日本語」へわずかな時間で変換ができます。

プラグインの機能2 : 分かち書き
伝えるウェブのAIが、英語のように文の中にスペースを入れて単語を分割し、視覚的・論理的に分かりやすい文章にします。

プラグインの機能3 : ルビ振り(ふりがな)
選択した文の中にある漢字へまとめてふりがなをつけることができます。HTMLの仕様にあるruby要素を使い漢字の上にふりがなが表示されるので、元の文章の読みやすさを損なうことがありません。

プラグインの機能4 : ふりがなの編集
やさしい日本語への変換機能やふりがなつけ機能でつけたふりがなが誤っている場合、容易に編集することが可能です。難しい漢字のみにふりがなをつけたい場合にも利用できます。 伝えるウェブのAIが自動でふりがなの候補を提供するので、入力の手間が省けます。

料金プラン


Free : (無料)すべての機能を利用できます(1回の変換文字数30文字・月間変換数300回)。
Basic : (月額1万円)すべての機能を利用できます(1回の変換文字数300文字・月間変換数1,000回)。
Pro : (月額2万円)プラグインの機能(1回の変換文字数1000文字・月間変換数10,000回)に加え、辞書メンテナンス機能、ページ一括変換、ルビ(言い換えなし)、音声読み上げなど伝えるウェブのすべてのサービスが利用できます。

※価格は税別です。プランの詳細についてはウェブサイトを御覧ください。
  https://tsutaeru.cloud/plugins/wordpress.html

利用方法


WordPressプラグインディレクトリからSimplified Japaneseプラグインをダウンロードしてインストールするか、管理画面からSimplified Japaneseプラグインをインストールします。Simplified Japanese – WordPress plugin | WordPress.org https://wordpress.org/plugins/simplified-japanese/
管理画面のインストール済プラグインの一覧画面でSimplified Japaneseプラグインを有効化します。
設定メニューの中の「やさしい日本語」を開き設定を行います(一度保存するまでエディタのボタンは表示されません)
伝えるウェブのAIを利用するために必要なAPIキーを設定するため、メールアドレスを入力して「伝えるウェブのAPIキーを申請する」をクリックしてください。クライアントIDとクライアント・シークレットに値が自動で入力されますので、プラグイン設定を保存してください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/41204/10/resize/d41204-10-653213-1.png ]




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング