NejiLawと重仮設建材リース大手のヒロセ共同開発技術成果の社会実装事業を開始

PR TIMES / 2020年9月23日 9時15分



 この度、株式会社NejiLaw(本社:東京都文京区、代表取締役社長:道脇 裕)は、これまで3年間にわたって共同開発を進めてきた重仮設橋梁分野において現場での省人化を実現しつつ工期短縮を可能とする重仮設橋梁用L/Rネジユニットを完成させ、その社会実装事業をヒロセ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:平野精一)と開始致しました。

 これは昨今、多発する土砂災害による本設橋の崩壊など、迅速な復旧が望まれている背景から重仮設橋梁の益々高まるニーズに応える取組みとなります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/45839/10/resize/d45839-10-847658-0.jpg ]

 重仮設橋梁とは、橋梁架替え時の迂回路、工事用道路、災害(地震、台風、集中豪雨、土石流、斜面崩壊)時の応急復旧橋などで使用される仮橋の事です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/45839/10/resize/d45839-10-415343-1.png ]


NejiLawのAdvanced Loc-King Technology「ロックテック」

NejiLawは、国土強靭化に向けて開発してきた摩擦力に依存せず機械構造的に緩まない状態を作り出す事が可能なネジ「L/Rネジ」、既存のねじでも機械構造的に緩まないボルト及びナット「ZaLocシリーズ」、ネジそのものを応力センサーとしたマルチセンシングネジシステム「smart Neji」、高速ワンパス施工を可能とするトンネルシールドセグメント継手「JicLoc、ShuLoc」、現場打ちコンクリートをゼロとする画期的な高速道路床版継手「VanLoc」などを始めとする高度接合技術開発製品群に加え、発明的スピード課題解決体制から研究・開発・量産技術構築・品質管理に至る一気通貫した体制を社内に有し、「創発力」によって、今後も一層広く社会に貢献して参ります。


会社概要
商号 株式会社NejiLaw
代表者 代表取締役社長  道脇 裕
本社所在地 東京都文京区本郷三丁目23番14号ショウエイビル4F
設立 2009年7月
業務内容 高機能・高性能型産業用締結部材の開発・製造・販売・ライセンシング
資本金 499,000,000円
URL http://www.nejilaw.com

受賞歴
2009年度 MIT(マサチューセッツ工科大学)-EF主催ビジネスプランコンテスト Most Attractive Award
(最優秀賞) を含む3賞受賞
2010年度 新技術開発助成事業に採択(主催:公益財団法人市村清新技術財団)
2011年度 かわさき起業家大賞 大賞を含む6賞受賞(主催:財団法人川崎市産業振興財団)
2011年度 グッドデザイン賞 金賞 (=経済産業大臣賞) 受賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)
2011年度 東京都ベンチャー技術大賞 大賞(=東京都知事賞)受賞(主催:東京都産業労働局)
2011年度 九都県市きらりと光る産業技術賞 受賞
2012年度 戦略的基盤技術高度化支援事業に採択(主催:経済産業省)
2013年度 第1回 グローバルニッチトップ助成事業に採択(主催:東京都産業労働局)
2015年度 第14回 日本イノベーター大賞 優秀賞受賞(主催:日経BP社)
2018年度 第7回 技術経営・イノベーション賞 会長賞受賞(主催:一般社団法人科学技術と経済の会)

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社NejiLaw 広報担当 info@nejilaw.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング