1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

トイプードル専用手作りごはん「うちのトイプー」販売開始

PR TIMES / 2021年10月14日 15時45分

獣医師監修、トイプードルのためのプレミアムドッグフード

株式会社アムーブ(本社:東京都中央区銀座 代表取締役:平田翔馬 以下 アムーブ)は、トイプードルに多い病気を食事だけで予防することを目的とし、機能性成分入りのプレミアムドッグフード「うちのトイプー」の販売を開始しました。
一般社団法人ジャパンケネルクラブ「2019年の犬種別犬籍登録頭数」によると、トイプードル犬籍登録頭数が第1位の72,941頭となっているため、今後注目が集まることが期待されます。

※参考:一般社団法人ジャパンケネルクラブ,犬種別犬籍登録頭数,2021年10月13日閲覧,
https://www.jkc.or.jp/archives/enrollment/10192




うちのトイプーでは、2021年10月13日現在、500円モニターを実施させていただいております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-feb93c404c0f39b6a2cc-0.jpg ]


500円モニターURL:
https://lp.uchino-toypoo.jp/500monitor


■うちのトイプーとは?

[画像2: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-da82f5da0db1a9caa461-6.png ]

「うちのトイプー」は、代表 平田が妻とふと交わした会話「トイプードルの為に作られたフードで、普段の食事を気遣ってあげる事で悩みが解決できたら良いね」がきっかけとなり、”家族であるトイプードル2頭の病気予防に役立つごはんを作りたい”という強い気持ちから開発が進められ、専門家が集結して長い時間をかけて生み出されたドッグフードです。毎日の美味しい食事でトイプードルが抱えやすいトラブルを最小限に抑えることを目的に作られています。


■うちのトイプー3つの主な特徴
犬の体に必要なものだけを厳選して作られており、保存料や着色料、甘味料、酸化防止剤などは一切使用されておらず、犬が消化しにくい穀物など、トイプードルの体に不要だと判断したものは徹底的に排除されております。

特徴1-食事だけでトイプードルの健康をサポート

[画像3: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-16447b3892612e492d6c-7.jpg ]


AAFCO2016の総合栄養食基準に配慮してビタミン・ミネラルを追加しており、飼い主さんがサプリメントを別途購入しなくても、食事だけでトイプードルの健康をサポートできるように機能性成分を配合しています。


使用されている機能性成分は、予めトイプードルの平均体重に合わせて「うちのトイプー」専用に作ったオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)、グルコサミン・コンドロイチンです。EPA・DHAは、犬の皮膚の健康サポートはもちろん、抗炎症作用や脳の健康維持が期待できる成分であり、犬の体内部で作ることができないため食事からの摂取が理想的だと考えられています。その他、関節トラブルがある犬に関しては、関節炎の症状改善や痛み止めとして動物病院で推奨されることも多い成分です。

※AAFCO:(全米飼料検査官協会)ペットフードの栄養基準などを定める団体
[画像4: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-25455f603cb8bb6193e9-5.jpg ]


これら成分は熱に弱いという特性を持っているため、「うちのトイプー」では人間用のサプリメントで使用される熱に強いカプセルを使用したものを、1パック当たり1粒ずつ手作業で配合。また、トイプードルの関節トラブルや脱臼、骨折予防を目的としてグルコサミン・コンドロイチンも使用しているトイプードル専用ごはんです。なお、犬が消化しにくい米やトウモロコシなどの穀物は、一切使用しておりません。

特徴2-栄養バランスと嗜好性への配慮

[画像5: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-cf759962b2fae4e15705-8.jpg ]


「うちのトイプー」は、獣医師監修のもと犬の生物学を長年学んだ犬の管理栄養士がAAFCO2016基準に配慮して、栄養素の設計を行っております。「毎日摂る食事だからこそ、犬にも美味しく食べてほしい」そんな想いで、トイプードルに多い食べムラを回避するために嗜好性にもこだわりをもつ栄養バランスに優れたごはんです。

また、犬の腸に免疫細胞が集中していることから、「腸の健康維持=免疫力応援」であると考え、様々な病気予防のために消化しやすい肉や魚を主原料とし、水分量の微調整にもこだわりをもっています。食材からでる水分だけで、70%~80%の水分を維持できるよう食材を選定しました。


[画像6: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-38ebe60a8585abc034c4-9.jpg ]



特徴3-徹底した完全なヒューマングレード


[画像7: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-19c0d58ad2b6c892dafb-10.jpg ]

「うちのトイプー」で使用されている原材料は、食材はもちろん、ビタミン・ミネラル、オメガ3脂肪酸やその他機能性成分含め、全て人間用食品を使用しております。また、”自分が食べたくないものを犬に与えたくない”という考えから、原材料だけでなく製造会社へのこだわりも強く、人間用食品工場の選定にも時間をかけました。衛生管理はもちろんのこと、工場では金属探知機や人の目による検査が徹底して行われております。

FNNプライムオンラインの飼い主を対象としたペットフード購入時に重要視するポイント調査では、第1位「対象年齢(41.1%)」の次に「安全性(40%)」を重要視するという結果がでていますが、家族である愛犬たちが食べるごはんだからこそ、安全性にこだわりをもっています。

※参考:FNNプライムオンライン,ドッグフード・キャットフードに関するアンケート調査,2021年10月13日閲覧
https://www.fnn.jp/articles/-/14466


■商品情報
<チキンレシピ>
[画像8: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-5a8028b733c91fa0dc64-2.jpg ]


ー原材料ー
鶏むね、鶏ささみ、さつまいも、とまと、りんご、ごぼう、舞茸、オクラ、亜麻仁油、植物性グルコサミン、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン)、DHA・EPA含有精製魚油、ミネラル類(Ca、Fe、Cu、Zn、Mn、I)、ビタミン類(D、E、B2、B12、コリン)

ー成分ー
カロリー(100gあたり)133kcal
粗たんぱく質 16.5%以上 / 粗脂質 2.6%以上 / 粗繊維 0.6%以下 / 粗灰分 0.4%以下 / 水分 77.4%以下


<フィッシュレシピ>

[画像9: https://prtimes.jp/i/50293/10/resize/d50293-10-d3356ca8f1a130155326-1.jpg ]


ー原材料ー
サーモン、ぶり、かぼちゃ、トマト、モッツァレラチーズ、ブロッコリー、椎茸、黒ごま、わかめ粉末、植物性グルコサミン、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン)、DHA・EPA含有精製魚油、ミネラル類(Ca、Mg、Fe、Cu、Zn、Mn、Se、I)、ビタミン類(B2、コリン)

ー成分ー
カロリー(100gあたり)174kcal
粗たんぱく質 11.7%以上 / 粗脂質 9.0%以上 / 粗繊維 0.9%以下 / 粗灰分 1.1%以下 / 水分 73.7%以下


■会社概要
社名:株式会社アムーブ
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 ギンザシックス13F
電話番号:03-4330-9076
代表取締役:平田 翔馬

うちのトイプー公式サイト: https://uchino-toypoo.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング