評価能力があれば、組織力はもっとあがる! 『評価実施力育成プログラム』

PR TIMES / 2012年2月8日 14時27分



組織活性化に特化した組織・人事コンサルティングファーム:株式会社アクティブ アンド カンパニー(代表取締役 大野順也/東京都千代田区[以下、弊社])は、企業における組織力を高めることを目的に、人材育成の観点から評価を行う力を身につける『評価実施力育成プログラム』をサービスリリース致します。

【カリキュラム詳細はこちらから】
http://www.aand.co.jp/service/program/program18.html

【背景】
 昨今「成果主義」の導入により、最終的な業績結果の良し悪しが従業員を評価する企業が多く見られます。また、個人の最終的な業績結果だけではなく、過程(プロセス)を加味して評価を行うMBO制度(目標管理制度)を導入している企業も多くありますが、制度という評価の仕組みを重視するあまり、上司(評価者)の評価スキル・能力の如何によって、本来の評価の目的を見失い、従業員への動機付けや成長意欲、組織への貢献意欲を低下させてしまっていることも事実です。
本来、人事評価とは、従業員の意欲を喚起し、成長へつなげるためのものであり、被評価者にも納得性・説得性のある評価を適切に行うことが、従業員の成長意欲ひいては組織力の向上に寄与すると考えます。

 そこで弊社では、評価の仕組みだけに頼らず、評価者の評価スキル・能力を向上させるための人材育成プログラム『評価実績力育成プログラム』をサービスリリースするに至りました。

【サービス概要】
 『評価実施力育成プログラム』では、以下の事柄を習得します。
1.人事評価の目的を理解する
2.成果とは何かを理解する
3.評価の目的を実現し、被評価者に納得性のある客観的な評価スキルを習得する
■人事評価の目的
(1)人材のスキル向上を促し、成長を実現すること ・・・ 成長・学習機会の会得
(2)業務の適正化を実現すること ・・・ 業務遂行・進捗管理
(3)適切で公正な処遇を実現すること ・・・ 動機付け・処遇

【弊社の今後の活動】
 2012年1年間で25社への導入を目指します。

【カリキュラム詳細はこちらから】
http://www.aand.co.jp/service/program/program18.html

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アクティブ アンド カンパニー
コーポレート本部 広報企画担当:丸山・高宗
TEL/03-6231-9505 FAX/03-6231-9506
e-mail/aac-pr@aand.co.jp 

【会社概要】
会社名:株式会社アクティブ アンド カンパニー
住 所:東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル5階
URL:http://www.aand.co.jp/
主事業:アクティベーションマネジメントによる組織活性化コンサルティング業
(組織・人事コンサルティング業)
代表者:代表取締役 大野 順也 (おおのじゅんや)
設立年:2006年1月5日
資本金:1000万円

【代表者略歴】
大野 順也 ( おおの じゅんや )
株式会社パソナ(現パソナグループ)の営業を経て、営業推進、営業企画部門を歴任し、同社の関連会社の立ち上げも手掛ける。後に、トーマツ コンサルティング株式会社(現デロイト・トーマツコンサルティング株式会社)にて、組織・人事戦略コンサルティング業務に従事し、2006年1月に『株式会社アクティブ アンド カンパニー』を設立し、代表取締役に就任。現在に至る。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング