型くずれしない茶こし、できました。ガラスの急須、日本製で新登場。

PR TIMES / 2012年3月27日 9時24分



 創業91周年を迎えた耐熱ガラスのメーカー、ハリオグラス。
 ハリオといえば…コーヒーサイフォンやフリーザーポットに続いて茶器の歴史も古く、1970年には耐熱ガラス製の急須第1号を発表している。急須といえば陶器か磁器が
主流の中、当時、ガラス製の急須はとてもセンセーショナルだった。その後、時代やニーズとともに、急須の大きさ、形を変えて商品化。2000年には、ハリオのロングセラー
商品である「茶茶急須」を発売。ぽってりと丸みのある形状と茶葉の状態がよく見えるガラスの急須は大ヒットし、今日までに400万個以上を販売している。
 今回、「長く使用していると茶こしがたわみ、変形して使いづらい…」というユーザーの声に着目。このニーズに応えるために、ステンレス製のパンチングメタルを採用し、型くずれしにくい茶こしに改良した「ガラスの急須 茶丸」を発売した。
 この茶こし。型くずれしにくいだけでなく、目がとても細かいので茶葉の目詰まりがない上に、底面が一枚板なので粉葉も残りにくい。また、深くて大きい茶こしは茶葉
がしっかりと開くのでお茶の成分をじっくり引き出せる。口が広いので取り出しやすく、洗いやすいので、手入れも簡単。ハンドルには“誰にでも使いやすい”ユニバーサル
デザインが採用されている。

今年の母の日は、5月13日。
日ごろの感謝の気持ちを伝えるために、使いやすさだけでなく、デザインの美しさも備えたガラスの急須「茶丸」を贈れば、きっと素敵なサプライズになるはず!
どんな種類のお茶でも、見て楽しい!飲んでおいしい!新しいガラスの急須で、素敵なティータイムのプレゼントはいかが?

「特長」
★ステンレス製の深く大きな茶こしは、型くずれしにくいパンチングメッシュ仕様。目が細かいので目詰まりせず、底面は一枚板で粉葉も落ちにくい。
★急須本体は透明な耐熱ガラス製なので、お茶の色合いや量がひと目で分かる。
★底まで深い筒状の大きな茶こしは、茶葉がしっかり開くのでお茶の成分を引き出すことができる。
★日本茶、紅茶、中国茶、ハーブティー―― お茶の種類を問わずに使える。
★使い手の年齢、性別を問わず、“注ぎやすく、持ちやすい”
 ユニバーサルデザイン採用。
★におい移りの心配がなく、夏場は氷を入れて冷茶用にしても
 テーブルをクールに演出できる。

■ 品  名:ガラスの急須 茶丸
■ 価  格:2,100円(税込)
■ 実用容量:450ml
■ サイズ:幅15.5×奥行11.8×高さ9.9 口径/9.3(cm)
■ 材  質:茶こし/ステンレス フタ・本体/耐熱ガラス
■ 耐熱温度差:120℃
■ 生産国:日本製



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング