横浜市指定有形文化財『la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)』 第6回 横浜・人・まち・デザイン賞 「まちなみ景観部門」受賞

PR TIMES / 2013年5月24日 10時54分



================================================
横浜市指定有形文化財 『la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)』
第6回 横浜・人・まち・デザイン賞
「まちなみ景観部門」受賞
http://www.yokohama-loa.com/
================================================

 株式会社ウェディングスクエア(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:茶谷修)が運営する、
横浜市山下町のウェディング施設『la banque du LoA』は、神奈川県横浜市が主催する
「第6回 横浜・人・まち・デザイン賞」において、<まちなみ景観部門>を受賞いたしました。

 「横浜・人・まち・デザイン賞」は、地域まちづくりを推進している活動とそれを支援する
団体または個人を表彰する「地域まちづくり部門」と、優れた景観をかたちづくっている
「まちなみ」や「建築物等」を表彰する「まちなみ景観部門」の2部門があります。
『la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)』は、「まちなみ景観部門」において、
198通の応募のなかから7事業主が選出され、今回の受賞の運びとなりました。

 『la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)』は、横浜居留地の山下町にある希少な有形文化財
「旧露亜銀行横浜支店」をリノベーションし、ブライダル施設として、2011年9月14日(水)に
グランドオープン致しました。約90年の時を経て蘇り、結婚式という特別な一日を未来へと
繋げていくウェディングステージとして、また横浜の新たなシンボルとして
横浜市山下町地区の活性化を図ります。

----------------
<受賞理由>
----------------
この一角には今も外国人居留地の残り香が漂う。長らく使用されていなかった建物が、
歴史的建造物の保存・活用を条件とした再開発計画の中で、ブライダルスペース
として生まれ変わった。旧居留地の歴史と伝統を受け継いだ新たな都市の貌の誕生。
内部空間も大理石の中央階段がある吹き抜け部分などをそのまま活かし、
施設に格式をもたせた。外国資本銀行の唯一の遺構で、関東大震災を生き残った
貴重な文化財である。横浜の歴史の生き証人として、高層化が進む山下町にあっても
埋没せず、いつまでも饒舌であってほしい。

-------------------------------------------------------------------
< 『la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)』 概要 >
-------------------------------------------------------------------
■名称 : la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)
■所在地 : 横浜市中区山下町280番
■電話番号 : 045-277-1122
■運営    : 株式会社ウェディングスクエア


-----------------------------------------------------
<株式会社ウェディングスクエア会社概要>
-----------------------------------------------------
・会社名   : 株式会社 ウエディングスクエア
・代表取締役 : 茶谷 修
・本社    : 神奈川県横浜市中区山下町74-1
・設立    : 2010年8月4日
・資本金   : 10,000千円
・事業内容 : la banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)の運営・ゲストハウスウェディングの
          運営業務、コンサルティング、バンケットスペースの企画・構成・演出、
          横浜赤レンガ倉庫内及び周辺レストランの婚礼プロデュース、
          横浜赤レンガ倉庫内Historia Gafeの運営
・URL     : http://yokohama.wedding-square.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング