<女性の美容に対する意識調査>20~40代女性のうち7割は「自分の肌に満足していない」。気になる肌状態は、1位「毛穴の目立ち」2位「乾燥」3位「シミ」という結果に。

PR TIMES / 2013年4月23日 12時32分

また、半数以上の女性が肌の「ざらつき」を気にしている。 その内99%が「ざらつきをなんとかしたい」と思いながらも約半数が「何もお手入れしていない」状況。



クレ・ド・ポー ボーテでは、首都圏の働く女性20~40代416名を対象に、2013年2月にインターネットによる「美容に関する意識調査」を実施しました。日本の女性は世界の女性たちの中でも特に美容意識が高く、忙しい毎日の中でも美容に手をかけたり、投資したりしていると言われています。実際に調査の結果からも、理想を高く持ってスキンケアに邁進する日本の女性たちの姿が垣間見えました。
しかし、今回の調査からは、そんな彼女たちの意外な落とし穴が浮かび上がってきました。それこそが、これまで見過ごされがちだった肌の「ざらつき」です。見た目だけではわからないけれど、手で触れると嫌でも気になってしまう肌の「ざらつき」を中心に、女性たちの意識と実態を発表します。


■女性の7割以上が「自分の肌に満足していない」と回答しており、その中でも「毛穴の目立ち」が肌悩みの1位に! 

<調査結果1.>

Q1. あなたは、ご自身の「肌」に満足していますか。(N=416)


<調査結果2.>

Q2 あなたが現在肌に関して悩んでいること・気になっていることはどれですか。あてはまるものをすべてお選びください。(N=416 複数回答)


<調査結果3.> 20~40代女性にとっての「理想の肌」とは、1位 くすみのない透明感のある肌(87.1%)、

2位 つるんとなめらかな肌(81.4%)、3位 シミや小じわのない若わかしい肌(75.0%)

<調査結果4.> 30代女性が抱える肌の悩みの中で、「20代の時よりも気になるようになった」と感じているのは

1位 手で触れた時の肌触りがよくない(95.8%)、2位 しわ・小じわ(95.3%)、3位 たるみ(95.1%)

<調査結果5.> 20~40代女性のうち、肌の「ざらつき」を気にしている人は56.5%。

<調査結果6.> 「ざらつき」を気にする女性のうち、99.1%は「なんとかしたい」と思っている。それにもかかわらず、

ざらつきに対して「何もお手入れしていない」人は45.1%も存在。

<調査結果7.> 「ざらつき」が気になる場所は、1位 鼻・小鼻(64/0%)、2位 あご(57.3%)、3位 ほお(54.7%)。

----------------------

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング