働き盛りの約8割が該当する「かくれ不眠」のオンライン研究室 かくれ不眠ラボ 2012年2月3日(不眠の日) オープン

PR TIMES / 2012年2月3日 12時43分



=====================================================================================
あなたは何タイプのかくれ不眠?
「生活不規則」、「自分は大丈夫」、「高ストレス」、「眠りが浅い」、「初期かくれ不眠」
働き盛りの約8割が該当する「かくれ不眠」のオンライン研究室
かくれ不眠ラボ
2012年2月3日(不眠の日) オープン
http://www.brainhealth.jp/suimin/

4万5千人のデータに基づき「かくれ不眠」タイプを自己判定
タイプ別睡眠改善法もご紹介
=====================================================================================

 昨年、2011年2月3日「不眠の日」に、杏林大学医学部(所在地:東京都三鷹市)
精神神経科主任教授の古賀良彦を中心に専門家が集まり発足した「睡眠改善委員会」は、
2012年2月3日で発足1周年を迎えました。

 近年、睡眠に不満を感じる人や、睡眠自体を軽視している人が増えています。
健康を維持するために食事や運動が大切であるのと同じように、睡眠も大切な要素の
ひとつです。我々は、睡眠の重要性を啓発するため、睡眠の悩みを抱えていたり、
良い睡眠への積極的な対処を行っていないなどの状態を「かくれ不眠」と命名、
「不眠の日」として制定された毎年2月3日と毎月23日に合わせて、「かくれ不眠」
解消のための正しい情報や知識を発信し、すこやかな眠りのための支援を行っております。

 当委員会では発足一周年を機にホームページをリニューアル、2012年2月3日(金)に
「かくれ不眠ラボ」をオープン致しました。
 「かくれ不眠ラボ」では、ご自身が「かくれ不眠」かどうかをチェックすることが
できるだけでなく、さらにそのタイプを判定する「かくれ不眠タイプ判定プログラム」の
新機能が追加されました。この新機能は、当委員会のウェブサイトに登録した約4万5千人の
生活者データを分析した結果をもとに制作されたプログラムです。この分析結果は、
昨年10月の日本睡眠学会にて発表されました。4万人以上のデータは、睡眠に関わる
調査の中でも過去最多クラスのデータとなります。
 かくれ不眠のタイプは全部で5タイプです。「生活不規則」タイプ、「自分は大丈夫」タイプ、
「高ストレス」タイプ、「眠りが浅い」タイプ、そして「初期かくれ不眠」タイプに分類され、
かくれ不眠チェックシートから自分がどのタイプかを判定することができ、タイプごとの
解説や、睡眠改善のためのアドバイスを確認することができます。
 今後も、「かくれ不眠ラボ」では、睡眠に関する調査結果、研究結果などをご提供
していく予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング