1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

愛犬とのお散歩は、危険がいっぱい!?約4割の飼い主がトラブルの経験あり!

PR TIMES / 2012年9月27日 12時11分



 T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:日下部 明)は、20~70代の愛犬家の男女955人を対象に、『愛犬とのお散歩意識調査』(インターネット調査)を実施しました。

 日差しの強い夏が過ぎ愛犬との散歩が心地よくなる季節、『愛犬と散歩をしている中で、トラブルや嫌な思いをした経験はありますか?』と質問をしたところ、約4割(39.7%)の方が「経験がある」と答えており、散歩時のトラブル発生率が比較的高いことが分かりました。

 また、トラブル経験者の方を対象にその内容を集計した結果、「犬同士のトラブル」が最も多く約5割(55.9%)、続いて「犬を飼っていない人とのトラブル」約3割(30.6%)、「飼い主同士のトラブル」約2割(19.8%)と様々な問題が。更にトラブルの詳しい状況を質問したところ、「ノーリードで遊んでいた犬が自分の犬に急に飛びかかってきたが、飼い主は笑って見ていた」や「散歩中に会うおじいさんが餌付けしようとする。勝手に人間が食べるお菓子を与えたりするのは本当に困る」「大型犬2匹を散歩させている飼い主が制御しきれずに、うちの犬に近づいてくることが多くて怖い。散歩仲間みんなが迷惑しているので、一人で散歩するのをやめて欲しい」など犬自身というより、飼い主や飼い主以外の方がマナーやルールを守らずに行動していることがトラブル発生の原因であることがうかがえます。

 愛犬との散歩は、飼い主にとって幸せを感じられる瞬間のひとつだと思います。飼っている方同士はもちろん、ご近所の方や犬を飼っていない方のことなど、相手を思いやる気持ちをしっかりと持ちながら、愛犬との素敵な散歩の時間を過ごしていけるようにしましょう。



【調査概要】
●調査対象 :全国の20~70代の男女 (犬を飼っている方)
●有効回答数:955サンプル (男性・654サンプル、女性・301サンプル)
●調査方法 :インターネットリサーチ
●調査期間 :2012年9月14日(金)~2012年9月16日(日)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング