世界中のTV関係者が注目!!歴史と権威あるTV界の最高峰 第64回エミー賞受賞結果発表!! エミー賞授賞式の模様は、9月29日(土)、AXNで日本独占放送!

PR TIMES / 2012年9月24日 17時8分



2012年9月23日(日)(日本時間24日)、アメリカ ロサンゼルスにて、「第64回エミー賞授賞式」が開催され、その受賞作品が、ついに発表されました。

まず、ドラマ・シリーズ部門の作品賞は、「HOMELAND」が受賞。さらに「HOMELAND」は、主演男優賞でダミアン・ルイスが、主演女優賞でクレア・デインズが、脚本賞でアレックス・ガンサ他が受賞しました。助演男優賞は、「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポールが、助演女優賞は、「ダウントン・アビー」のマギー・スミスが 受賞。監督賞には、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」のティモシー・ヴァン・パタンが受賞しました。

コメディ・シリーズ部門では、「モダン・ファミリー」が3年連続で作品賞を受賞。これに加え、「モダン・ファミリー」は、助演男優賞でエリック・ストーンストリートが、助演女優賞は昨年に続きジュリー・ボーウェンが、監督賞で スティーヴン・レヴィタンが受賞しました。また、同部門の主演男優賞は「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」のジョン・クライヤーが、主演女優賞は「Veep」のジュリア・ルイス=ドレイファスが受賞。脚本賞では、「Louie」のルイス・C・Kが受賞しました。

ミニシリーズ・TVムービー部門では「Game Change」が作品賞を受賞。
また、「Game Change」は、主演女優賞でジュリアン・ムーアが、監督賞ではジェイ・ローチが、さらに脚本賞でダニー・ストロングが受賞をし、圧倒的な強さを見せました。「Hatfields & McCoys」で主演男優賞に輝いたケヴィン・コスナーが、助演男優賞にトム・ベレンジャーが輝きました。
さらに、同部門の助演女優賞は、「アメリカン・ホラー・ストーリー」のジェシカ・ラングが受賞しました。

毎年恒例のTV業界に貢献した故人への追悼(メモリアム)では、昨年から今年にかけて惜しくもお亡くなりになった俳優陣・制作陣に加え、大物ミュージシャンのホイットニー・ヒューストンやドナ・サマー、リドリー・スコットの弟である映画プロデューサーのトニー・スコット、更にはアップル社のCEOとして多くの尊敬をあつめたスティーブ・ジョブズの映像も上映。TV業界のみならず、幅広くエンタテインメント業界で活躍された偉人の功績をたたえ、観客の心を打ちました。

今年も盛り上がりを見せた「第64回エミー賞授賞式」は、海外ドラマ専門チャンネルのAXNで、9月29日(土)8:00pmより日本独占放送します。


<エミー賞とは>
1948年に設立され、1949年1月25日にハリウッドで行われた第1回の授賞式以来、今年で64回目を迎えるTV業界の最高峰ともいうべき大祭典。エミー賞は、世界の放送業界において顕著な実績のあった番組や俳優、プロデューサー、制作技術者に贈られる、放送業界で最も権威と歴史のある賞。Academy of Television Arts & Sciences(ATAS)のメンバーと審査委員会の投票により決定され、その授賞式の模様はアカデミー賞と同じく全米で放送される。

<AXNについて>
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがお届けする海外ドラマ専門のエンタテインメントチャンネル。全世界が注目する2大映像エンタテインメント・アワード「エミー賞授賞式」「ゴールデン・グローブ賞授賞式」を毎年独占放送。「LOST」のJ・J・エイブラムス製作の最新作「PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット」「ALCATRAZ / アルカトラズ」、大ヒット青春ミステリー「シークレット・サークル」を日本独占初放送!また、全米話題作「HAWAII FIVE-O」「NIKITA / ニキータ」をはじめ、「CSI:」シリーズや「グレイズ・アナトミー」などの全米高視聴率作品もオンエア。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング