「モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・かわさき」に「体感音響システム」を提供

PR TIMES / 2012年11月13日 17時3分



 パイオニアは、11月16日(金)から川崎市で開催される「モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・かわさき」のオープニングライブにおいて、当社の「体感音響システム」を聴覚に障害のある方向けの招待席に提供します。

 同イベントは、46年の歴史を持つ「モントルー・ジャズ・フェスティバル」(スイス)の初の日本公演として2011年11月に始まり、今年で2回目の開催となります。オープニングライブは、11月16日(金)19時から、川崎市教育文化会館で開催され、「体感音響システム」を用いた招待席には、市内在住・在勤で聴覚障害をお持ちの方20名が招待されます。

 「体感音響システム」は、骨伝導で音を伝えるユニットを内蔵したポーチ型および座布団型クッションで構成され、当社が1992年7月から開催している「身体で聴こう音楽会」でも使用しています。補聴器を使っている難聴または中途失聴の方からは、このシステムを使って通常よりも音楽をより良く聴くことができるとの評価をいただいています。完全失聴の方も骨伝導により音楽を身体で感じていただくことができます。

 パイオニアはこれからも当社の技術を通して、音楽を楽しむ喜びをさまざまな方に提供していきます。


【イベントの概要】
名   称 : モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき
日   時 : 2012年11月16日(金)~24日(土)
        (オープニングライブの開催は16日)
会   場 : 川崎市内各所
主   催 : モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき2012実行委員会/川崎市
入 場 料 : ライブコンサート:4,000円~8,500円/ジャズアカデミー:5回分一括3,000円
        ワークショップ:無料


*イベントの詳細につきましては、下記イベント専用サイトをご確認ください。
http://www.montreuxjazz.jp/kawasaki/


【『身体で聴こう音楽会』とは】

 聴覚に障害をお持ちの方にも音楽を楽しんでいただこうと、パイオニアが1992年から開催している「体感音響システム」を使ったコンサートです。パイオニア主催のライブコンサートや、外部ホールでのオーケストラや合唱団とのジョイントコンサートなど、年間30回ほど、専任の事務局のほか、社員とその家族によるボランティアによって運営されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング