フード・アクション・ニッポン アワード2014優秀賞受賞 旬の野菜・果物詰め合わせセット『ぱれっと』 生産者と消費者をつなぐ定期販売モデルが評価

PR TIMES / 2014年11月11日 16時51分

らでぃっしゅぼーや株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:国枝俊成)は食料自給率向上に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン アワード2014」にて、2014年11月10日(月)に全国2500軒の生産者と消費者をつなぐ定期販売モデルを実現した、旬の野菜・果物詰め合わせセット『ぱれっと』が応募総数992件、内流通部門126件の中で、「優秀賞」を受賞いたしましたのでご報告いたします。『ぱれっと』は、有機・低農薬野菜の消費拡大に貢献したという点が評価され、受賞となりました。



有機・低農薬の野菜や果物の定期販売モデル『ぱれっと』


当社では1988年の創業以来、旬の野菜・果物を詰め合わせたセットボックス「ぱれっと」の販売を展開しています。年間約140種類のバラエティに富んだ野菜・果物を週単位で定期的にお届けするモデルで、当社の売上高・お客様利用者数NO.1の基幹商品となっています。

「ぱれっと」は、収量が安定しない有機・低農薬の野菜や果物を、持続可能な形で販売するために開発した流通モデルです。一般的に契約栽培は、生産者にとって価格と量が安定して収入が確保できるというメリットがある一方で、豊作時には余った農産物を販売する他の販路を見つける必要があり、不作時には欠品に対する補償を求められる場合があるといったデメリットも存在しています。「ぱれっと」は全国約2,500件の生産者から、年間約140種類の旬の野菜や果物を、季節別の品目別需要量と供給状況に合わせて箱詰めするセットボックスであるため、豊作・不作時にかかわらず、野菜の種類・頻度・分量を、当社で調整することができ、生産者との安定的かつ継続的な取引を実現しています。


当社代表取締役社長・国枝俊成も今回の受賞に対して、「当社は1988年に創業し、以来25年間以上、国内のオーガニック市場の流通を牽引してきました。しかし、欧米に比べて日本のオーガニック市場規模はまだ小さく、国産オーガニック系農産物を中心に、今後さらに人々の生活に広く根付く可能性を秘めていると感じています。市場の自由化や天候不順など、農業や食をめぐる環境はさらに厳しくなることも想定されますが、我々は今後も、国産の有機・低農薬農産物を中心に供給力とライフスタイルの拡大・浸透に貢献していきたい。」とコメントしています。


<フード・アクション・ニッポン アワード>

「フード・アクション・ニッポン」の一環として創設した表彰制度です。国産農産物等の消費拡大に寄与する事業者・団体等の優れた取組を表彰することにより、 国産農産物等の消費拡大に向けた活動を推進することによって、私たちや未来の子供たちが安心しておいしく食べていける社会の実現を目指すものです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング