伊・アルカンターラ、ロサンゼルスモーターショーと東京モーターショーの新車種に続々とアルカンターラ(R)が登場

PR TIMES / 2013年12月4日 17時31分



【イタリア・ミラノ発】
先日、それぞれ閉幕した世界的なモーターショーである「ロサンゼルスモーターショー2013」と「東京モーターショー2013」がメディアや一般来場者の注目を競っていました。1907年に始まったロサンゼルスモーターショーは米国を代表するオートショーのひとつですし、2年に1度開催される東京モーターショーも日本の首都である東京にアジアや世界各国より多くの王道を行く車が集結することで知られており見逃せません。アルカンターラは今年も両モーターショーにおいて注目を集め、ラグジャリー、スポーティ、エレガント、オリジナルなどさまざまな車を彩りました。これらは、常に最前線にディスプレイされた車でした。


どちらのショーでも展示されたポルシェ・マカンは大きな話題となりました。新しいコンパクトなスポーティSUVで、このシュツットガルトに本拠を置くメーカーがこの種の車を作るのは初めてです。アルカンターラはマカン・ターボのインテリア、特にアップライトとルーフ部分の素材としては当然のように選ばれました。ラグジャリー感とスポーティ感を加える特別な仕上げです。また、やはり東京でのワールドプレミアとなったエグゼクティブ・カー、ポルシェ・パナメーラ・ターボSもアルカンターラのインテリアを採用、そして全面イタリア製のインテリアを採用したポルシェ・カイエンGTSも忘れてはなりません。


ドイツの他のメーカーでもアルカンターラをインテリアとして選んでいました。アウディはR8、R7、R6、A8 LTDI、A5 2.0 Tに、フォルクスワーゲンはゴルフに、BMWは135i、Z4、M6の各車種に採用しています。BMW M6 のカーボン製ルーフには内側にアルカンターラが使われ、重量を58%低減するとともに車体の重心をさらに下げています。


ロサンゼルスでは、期待のワールドプレミアであるフォード・エッジ・コンセプトのルーフ部分にアルカンターラが使われていました。コンセプトはフォードの新しい最大のSUVです。米国のテスラモーターズも、スポーツカーに不可欠な軽量とエレガンスを評価してアルカンターラを採用しました。テスラの場合、重要なファクターは、サステナビリティ(持続可能性)でした。電気自動車の最高峰をゆくインテリアとなれば、アルカンターラのようなカーボン・ニュートラル素材を忘れるわけにはいきません。


東京モーターショーでは日産が、ジュークからワールドプレミアとなるGT-Rまで、ニスモ系全車種のステアリングにアルカンターラを使用しました。伝説的なスポーツカー・レースをヒントに作られた今回のGT-Rには、ニスモ(日産のモータースポーツ部門)のレース用スーパーカーの特徴が最大に活かされています。ダークグレイに赤のトップステッチを施したアルカンターラのステアリングホイールは、極端なスポーツドライビングの際にも良好なグリップを確保し、さらに12時の位置にある赤のノッチ(刻み)はレーシングカーの趣を醸し出しています。(スポーツカーのステアリングにはタイヤの向きが一目でわかるようにこのようなノッチ(刻み)が入ります)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング