日米拠点のVC DNX Venturesが日鉄興和不動産とシードスタートアップのコミュニティ/インキュベーションオフィスSPROUND設立

PR TIMES / 2020年9月28日 14時15分

シードスタートアップの成長にこだわった、「知の還流」がコンセプトのオンライン/オフラインコミュニティ

米国シリコンバレーと東京に拠点をおくベンチャーキャピタルDNX Ventures(以下、DNX)は、日鉄興和不動産株式会社との共同事業として、2020年9月28日にシードスタートアップのコミュニティ/インキュベーションオフィス「SPROUND(スプラウンド)」を設立致しましたことをご報告させて頂きます。



■ 長年のB2Bスタートアップの成長サポート経験を提供
DNXは2011年に創業以来、シリコンバレーのネットワーク・エコシステム・アントレプレナーシップを最大限に利用しながら、日米のB2Bスタートアップに投資を実行、各社の事業や組織の成長に貢献して参りました。また、近年シードスタートアップへの投資も積極的に行うなか、各社の要請に応じて時にハンズオンで経営を支援して参りました。

こうした長年の経験を、これまで以上にシードスタートアップ各社の成長支援に活かすべく、弊社の投資先を含むB2Bシードスタートアップ向けに、コミュニティ/インキュベーションオフィス「SPROUND」を開設致しました。また合わせて、DNXの日本チームもSPROUND内にオフィスを移転致しました。近くで利用企業の成長加速をサポートし、日本のB2Bスタートアップエコシステムの拡充に貢献して参ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-900003-7.jpg ]


■ ウィズコロナ時代のスタートアップの働き方を考えたフレキシブルオフィス
インキュベーションオフィス「SPROUND」は、品川インターシティA棟(東京都港区港南)の約400坪のフロアに新設。DNXのシード投資先、およびDNXの投資領域と重なるB2Bシードスタートアップを主な対象とし、審査の上ご入居頂きます。

新型コロナウイルスの感染対策としてリモートワークが進み、既存オフィスの解約を行ったスタートアップも少なくありません。SPROUNDは、米国のスタートアップKnotel(ノーテル)社の日本第一号案件として、同社のフレキシブルオフィスの概念・設計を大いに活用することで、利用人数の増減にフレキシブルに対応。リモートワークとオフィスワークをハイブリッドで取り入れる、ウィズコロナ時代のスタートアップの働き方を考えたフレキシブルオフィスの実現を目指します。

DNXシード投資先である、アルプ株式会社、アルファス株式会社、BeaTrust株式会社、株式会社FLUX、株式会社ナレッジワーク、株式会社Hubble、PSYGIG株式会社、RESTAR株式会社と、本プロジェクトの設計を行なったKnotel日本支社が、先行して利用を開始しております。(9月28日現在)
[画像2: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-860749-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-589598-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-630134-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-775848-1.jpg ]


■ 企業成長のノウハウが循環する、B2Bシードスタートアップ・コミュニティ
またSPROUNDは、ただのインキュベーション・オフィスではなく「活動体」を標榜します。シード期のスタートアップ起業家の多くは、会社経営において、プロダクト開発や営業、組織設計や採用、PRやマーケティングなど「新しいこと」や「初めてのこと」に直面し、そのたびにオンラインで検索したり先輩経営者に相談しするなど、独学を重ねて乗り越えています。そのようなシードスタートアップが、もっと効率的に学び、各社の事業・組織の成長に繋げられるよう、先輩経営者や各種専門家、DNXによるワークショップやオンラインコンテンツを通じ、企業成長のノウハウが循環する「知の還流」を生み出していきます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-394698-6.png ]


■ シードスタートアップを支援するSPROUND SUPPORTERとPROFESSIONAL
シード期のスタートアップが困りがちな、バックオフィスや人事、広報、マーケティングなどのテーマについて、各専門家をSPROUND SUPPORTERおよびSPROUND PROFESSIONALとしてお迎えし、オンラインプラットフォーム上で随時スタートアップの相談に乗っていただきます。また、SPROUND SUPPORTERのみなさんには、定期開催するスタートアップの企業経営・事業推進を学ぶワークショッププログラム「SPROUND STARTUP WORKSHOP」で講師をご担当頂く予定です


[画像7: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-557744-8.png ]



[SPROUND SUPPORTER一部ご紹介](敬称略)


河合 宗一郎(Reboost代表|エンジェル投資家 / iU専門職大学客員教員 /ラクスル創業メンバー)
高橋 才将(famm創業者)
佐藤 直樹(株式会社PRAS代表|社会情報大学院大学客員教授)
石川 俊祐(KESHIKI|元IDEO日本代表 / BCG Digital Ventures Head of Design)
加藤 晃央(世界株式会社/CEKAI)


[SPROUND PROFESSIONAL一部ご紹介]

内田・鮫島法律事務所
ケップルグループ
クロロク社会保険労務士法人
AWS Activate
aviators司法書士事務所


[画像8: https://prtimes.jp/i/21318/11/resize/d21318-11-678399-0.jpg ]


長年シリコンバレー及び東京にてスタートアップ投資及びスタートアップの企業成長支援に携わってきたベンチャー・キャピタルとして、世界で勝負をしていけるベンチャー企業輩出を支えるとともに、本コミュニティを通じて日本のB2Bスタートアップエコシステムの拡充に貢献して参ります。


■ DNX Venturesについて
DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。これまでに3つのファンド、累計約580億円を運用し、日米を中心に100社以上のスタートアップ企業へ投資を実行、13社をエグジットに導いてきました。B2Bスタートアップのうち、主な投資領域はクラウドSaaS、フィンテック、フロンティアテック、サイバーセキュリティー、リテールテック等の領域で、アーリーステージで投資しています。

また、シリコンバレーのトップティア・ベンチャーキャピタルである Draper Venture Networkの一員としての長年の活動を通じ、日米の橋渡し役として強固な信頼を築き、100件を超える日本の企業様のスタートアップとのパートナーシップおよび協業を支援する等、豊富な実績を残しています。
https://dnx.vc/jp


■ SPROUND概要
住所:〒108−6022 東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシティA棟 22階
WEBサイト: https://spround.tokyo


■ 本件に関するお問い合わせ
DNX Ventures(担当:上野)
hello@dnx.vc

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング