福利厚生サービス大手「ベネフィット・ワン」とHRテック分野で業務提携

PR TIMES / 2019年7月12日 0時40分

タレントマネジメントシステム「タレントパレット」のサンクスポイント機能で付与したポイントとベネフィット・ワンのポイント報奨制度「インセンティブ・ポイント」を連携開始



 株式会社プラスアルファ・コンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:三室克哉)は、働き方改革、採用難、離職率増加などを背景に、多くの企業で導入が進んでいるタレントマネジメントシステム「Talent Palette(タレントパレット)」事業において、株式会社ベネフィット・ワンとHRテック分野で業務提携しました。
 「タレントパレット」に新搭載した「サンクスポイント機能」と、ベネフィット・ワンが提供する優秀な成績を残した従業員などにポイントを付与する報奨制度「インセンティブ・ポイント」と連携したサービスの提供を8月より開始します。今回の提携により、従業員同士のコミュニケーション活性化し、エンゲージメントを強化することで社員のリテンションやパフォーマンス向上を支援、社員情報のさらなる活用を促進することで、さらなる科学的人事戦略の実践を推進していきます。

新機能「サンクスポイント」およびインセンティブ・ポイント連携全体像

[画像1: https://prtimes.jp/i/23180/11/resize/d23180-11-196923-0.png ]


【「サンクスポイント機能」と報奨制度「インセンティブ・ポイント」との連携の背景】
 タレントパレットは、社員の活躍による組織パフォーマンス向上を目指し、これまでの人事管理を人材活用へシフトさせ、人材データを分析することで最適配置や計画的な育成、採用強化などを実現する科学的人事戦略を推進しています。そのような社員の見える化に加え、社員同士のコミュニケーションを増やしたいと願う人事担当者も少なくありません。本サービスにより従業員同士で、サンクスポイントを贈り合うことによるタレントマネジメントの社内普及、全社展開を後押しします。そして、ベネフィット・ワンの「インセティブ・ポイント」を通じ、エンゲージメント強化、従業員総活躍につなげていけると考えています。

【「サンクスポイント機能」と報奨制度「インセンティブ・ポイント」との連携の概要】
 タレントパレットに新搭載された「サンクスポイント機能」では、従業員同士がサンクスポイント、メッセージを贈り合い、経営層や人事はそのコミュニケーションを見える化することで組織づくりや適材適所の意思決定を支援します。今回の提携では、従業員の頑張りに応じて付与されるインセンティブや贈り合ったサンクスポイントをベネフィット・ワンが提供する報奨制度「インセンティブ・ポイント」と連携することで、レストランの食事券、映画や観劇などのエンターテイメントチケットなど、約20,000メニューと交換できるようになります。例えば、営業社員の目標達成、有望人材の紹介インセンティブ、パートやアルバイトへの還元などにご利用いただけます。HRテックを福利厚生分野にも活用することで人事制度の変革に弾みを付け、人事部が経営や各部門をサポートするアクションの一つとして支援してまいります。

【タレントパレットでの実施メリット】
 新機能「サンクスポイント機能」はタレントパレットに標準搭載されている社内コミュニケーション機能です。「業務支援に対するありがとう」「社長賞おめでとう」などテーマごとのピア・ボーナス導入、社員自身はサンクスボードで獲得・付与したポイントを管理します。サンクスポイントは社員同士の評価を他の社員にも公開し、さらに讃え合うことができる新しい感謝の仕組みとして導入することができ、タレントパレットならではのコミュニケーションの見える化により、最適配置のみならず、組織改正後の組織間コミュニケーションの変化、効果検証、組織横断での貢献度による評価の精度向上、など、人事戦略に有効な情報が蓄積されていきます。社員同士が評価でき、報酬として受け取れるだけでなく、そのコミュニケーションを経営判断できる情報に変え、意思決定できるエビデンスとして使うことができます。

【今回の発表にあたり、ベネフィット・ワン 東日本営業部 インセンティブ営業担当 兼 営業グループ長 野呂様より以下のコメントをいただいています。】
 プラスアルファ・コンサルティングの提供するタレントパレットは、人材データをマーケティング思考で活用していくという、これまでの人事領域のプレイヤーでは行きつかない独創的なアイデアで設計されており、大手が続々と採用するなど、タレントマネジメントツールとして、最も注目をしていました。今回の業務提携で、「タレントパレット」と「インセンティブ・ポイント」を連携させることで、サービス利用企業の更なる社内コミュニケーションの活性化と、従業員のエンゲージメント強化を実現してまいります。

タレントマネジメントシステム「Talent Palette(タレントパレット)」  https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/

[画像2: https://prtimes.jp/i/23180/11/resize/d23180-11-965891-1.png ]


 「タレントパレット」は、人材戦略に必須となる採用から育成、配置、評価、抜擢・活躍までを一気通貫で行い、科学的根拠に基づいた戦略的人事を実現するサービスです。当社はこれまで2,000社超のマーケティング支援を行ってきた実績があり、そこで磨き上げたデータ活用技術のノウハウを活かしています。今までは管理するのみに留まっていた人材情報を分析し、そのデータを網羅的に活用することで経営層の意思決定を後押しします。具体的には人材基本情報、過去の経歴、スキルや能力、内面や適性、社員の希望や考え、日々のモチベーションからエンゲージメントまでのデータを一括で扱うことができます。これらのデータを分析することにより、複数軸での人材配置シミュレーションや離職危険者のピックアップ、採用ミスマッチ防止など、企業が抱える課題を人事ビッグデータ活用により解決します。

ベネフィット・ワン 「インセンティブ・ポイント」について  https://bs.benefit-one.co.jp/incentivepoint/index.html
 ベネフィット・ワンが提供する優秀な成績を残した従業員等にポイントを付与する報奨制度。企業ごとの基準に応じて、ポイントを従業員に付与し、従業員は貯まったポイントを使って、レストランの食事券や映画、観劇などのエンターテインメントチケット等、約20,000メニューと交換することができます。

株式会社プラスアルファ・コンサルティングについて  https://www.pa-consul.co.jp/
 『あらゆる情報から付加価値を生み出し続ける、見える化プラットフォーム企業』として、2006年の設立以来、顧客の声や顧客データ/購買データ、人事情報のようなビッグデータを「見える化」し気づきを与える力を持つ、「テキストマイニング」や「データマイニング」などの技術を核としたクラウドソリューション事業を行っています。様々な情報を「見える化」することで、お客様のビジネスに+α(プラスアルファ)の価値を創造するためのソフトウェアの開発・販売、コンサルティング、新規事業創出を行っています。

<ニュースリリース、イベントに関するお問い合わせ先>
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 
タレントパレット事業部  担当:鈴村、五十嵐、甫坂
TEL:03-6432-4016 E-mail:info@pa-consul.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング