ル・マンを制した伝説のレーシングカー GT-40 にインスパイアされたクロノグラフ

PR TIMES / 2018年7月24日 12時1分

株式会社グローバルブランディング(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:下山 朋之)は、ジョージア発の時計ブランド チコリア の新作 GT-40 を発売しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-731239-1.jpg ]



国際的な工業デザイナー ズヴィアド・チコリア氏が手掛ける腕時計ブランド チコリア は、伝説のレーシングカー フォードGT-40にインスパイアされたニューモデル GT-40 を発表しました。

1960年代にモータースポーツに参入したフォードが、打倒フェラーリを掲げて開発した GT-40 は、ル・マン24時間レースで4連覇を達成しました。



[画像2: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-814792-6.jpg ]



その輝かしい歴史と王者のスピリットに憧れ、幼少の頃からこの車を所有することが夢であったチコリア氏。

「私は、フォードGT-40 の強さと不敗の名声をこの時計に体現するために最大の努力を払ってきました。他の全ての時計同様に、インスピレーションは私の幼年期に由来しています。しかし、GT-40は、私にとっては唯一の神聖な存在なのです。」



[動画: https://www.youtube.com/watch?v=xE64K9jJPIo ]



フォードGT-40を知り尽くしている彼のデザインした時計には、こだわりのディティールが随所に見られます。

幾層にも施されたダイヤルのレイヤーは適度な重厚感があり、GT-40のダッシュボードのゲージのような感覚を与えます。

ストラップは、一日中、24時間装着をし続けても快適であるように配慮されています。このストラップに開いた多数の穴は、偶然そこに開けられたわけではなく、GT-40 の座席にある穴をイメージしてデザインされています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-884581-5.jpg ]



ケース裏面のデザインにも、GT-40 を彷彿させる素晴らしいディテールがあります。ステアリングホイールの中心部をイメージした裏ブタは、ネジ頭に至るまで忠実にデザインされています。


[画像4: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-870959-4.jpg ]



カラーは、ブルーとオレンジを配したガルフレーシングカラーをベースに、ブラックPVDとスティールの2色のケースを展開しています。


[画像5: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-470508-2.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-533637-3.jpg ]



GT-40 愛好家のシンボルになるかはさておき、彼はこの時計をレーシング界で最も注目されるクロノグラフにしたいと考えています。


<スペック>
ケース:ステンレススティール / 直径47 mm
ガラス:サファイアクリスタル
表示タイプ:アナログ (クロノグラフ / デイト表示)
ムーブメント:RONDA 5040.B (クォーツ / スイス製)
バンド:牛革 (ラリー/レーシングタイプ)
防水性能:5気圧防水
メーカー保証:2年間
生産国:スイス
価格:78,000円(税抜)


<チコリアについて>
チコリア(TSIKOLIA 旧名UNIQ)のオーナー兼デザイナーのズヴィアド・チコリア氏は、国際的に活躍するジョージア出身のインダストリアルデザイナー。彼はこれまでに、エア・ジョージア、ブガッティ、プジョー、ルッソ・バルト等の仕事を手掛けています。現在は、ジョージア設計局の国家軍事科学技術センターの主幹デザイナーを務め、ジョージア軍初の装甲車 Didgori のデザインなどを手掛けています。彼が歴史に名を馳せた自動車、航空機、船舶にインスピレーションを得てデザインしたチコリアの時計は、品質に高い信頼のあるスイスの工場で製造されています。

チコリア日本公式サイト
http://tsikolia.jp


[画像7: https://prtimes.jp/i/25944/11/resize/d25944-11-819474-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング