1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【複雑なアクセス解析を簡易的に可視化】デジタルマーケティングの生産性をアップさせる『Marketing sherpa(マーケティングシェルパ)』ツール提供を開始

PR TIMES / 2021年3月24日 13時15分

自社WEBサイトの現状をスピーディーに把握し、社内効率化と効果的な施策へ貢献

”売れないもの”を売る会社として企業のマーケティング支援をおこなうコクハク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木本考紀)は、幅広い業種のマーケティングを支援する分析ツール「Marketing sherpa(マーケティングシェルパ)」の提供を開始しました。




■開発の背景
近年、データを活用したPDCAサイクルの高速化など、マーケティングのデジタルシフトが進んでいます。しかし一方で、いざ推進しようとしても、デジタル領域に精通した人材が社内にいない、マンパワーが足りないなどの悩みを抱えている企業も少なくありません。

現状、さまざまな分析・解析ツールが存在しますが、マーケティングの専門的な項目が多く、読み取ることに時間がかかったり、ITやマーケティングに精通していなければ分析できない画面や用語が多いといった理由から、自社サービスやWEBサイトがどの程度まで認知されているか、また売上貢献に寄与しているのかなどを企業が把握できていない状況も頻繁に発生しています。


「Marketing sherpa(マーケティングシェルパ)」は、そのような企業に向けて、時間を取らず、誰でも理解できる分析ツールを提案したいと考え、開発に至りました。

■『Marketing sherpa(マーケティングシェルパ)』について
誰でも簡単に使える管理画面を実現し、マーケティングの知見が少ない担当者でもデータを迅速に処理することができます。WEBサイト運営に欠かせないアクセス解析をスピーディーに把握することで、WEBサイトの各ページやユーザー像を分析し、コンテンツや商品開発、またプロモーション活動などの成果に貢献します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36051/11/resize/d36051-11-974241-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/36051/11/resize/d36051-11-439152-0.png ]

デジタルマーケティングにおいて定量的にユーザーインサイトを捉え、より効果的な広告配信やSEO対策を実現したい企業をターゲットに開発したマーケティングサポートツールです。

■今後の展開
今後「Marketing sherpa(マーケティングシェルパ)」は、 現状の把握と課題の抽出をAIで自動化することで、より簡易に精度を高める分析ツールとして開発を進め、 またWEBサイト上で成果に至るまでのユーザー導線(カスタマージャーニー)分析機能などのアップデートを予定しています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/36051/11/resize/d36051-11-658468-2.png ]



■「マーケティングシェルパ」を提供するコクハク株式会社について
”売れないもの”を売る会社
世の中には素晴らしい商品やサービスが溢れています。
ただ情報過多のこの時代に、知ってもらいたい人に知ってもらうこと、買ってもらいたい人に買ってもらうこと、使ってもらいたい人に使ってもらうことが困難になってきています。

「良いものを作っていれば誰かが見つけてくれる」そんな時代ではなくなってきています。マーケティングの力で、“売れないもの”を売れるようにすることで事業の拡大・継続に向けての課題を解決します。

コクハク株式会社
設立:2018年2月1日
代表者:代表取締役 木本考紀
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-1-1 HARAJUKU TOWNHOME #606
HP: https://kokuhaku.co.jp

本件お問い合わせ先
hello@kokuhaku.co.jp
担当:金子

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング