日本初「出世払い」を採用したオンラインのエンジニア養成学校「CODEGYM ISA」が、夜間・土日に学べる「48週間コース」を新設。あなたの1年後の初任給から学費の支払いを開始。2021年2月開講。

PR TIMES / 2020年12月23日 17時45分

働きながら、大学に通いながら、卒業まで学費無料でプログラミングを学び、1年後に転職・就職を目指す新プラン。本日からエントリーを開始。

株式会社LABOT(東京都渋谷区、代表取締役 鶴田 浩之)は、学費の出世払いの仕組みを実現した ISA=(Income Share Agreement=所得分配契約)によるエンジニア養成校「CODEGYM ISA」(コードジム アイエスエー)において、従来の24週間(6ヶ月 x 週50時間)フルタイムで学ぶコースに加えて、2021年2月より、夜間・土日に学び1年後にエンジニア転職を目指す「48週間コース(週20時間)」を新設することをお知らせいたします。本日から公式サイトでエントリーを受付開始いたしました。




CODEGYM ISA の公式サイト
https://codegym.jp/isa/


[画像1: https://prtimes.jp/i/49664/11/resize/d49664-11-730959-0.jpg ]




夜間・土日コース 新設の背景

これまで CODEGYM ISA が提供していた 24週間(6ヶ月間)のコースでは、1週間あたり50時間の学習時間を確保し、1200時間学ぶフルタイムのカリキュラムでしたが、新たに2021年2月に新設する48週間コースでは、受講を希望される方が、現在のお仕事や、大学などへの通学を辞めずに、Wスクールとして CODEGYM ISA に参加することができます。新型コロナなどの影響により、在宅環境で新たなスキル獲得を目指す方が増える中、キャリアの再選択をより柔軟に行えるように、夜間・土日で学べるコースを新設いたしました。

48週間コースでは、1週間あたり約20時間の学習時間を確保し、定期的なコーチングの実施のほか、コーディング課題やチーム開発等で構成されるカリキュラムを48週間かけて実施します。コンピュータサイエンスの基礎から、リモートによるPull-Requestベースでのコードレビューの経験、スクラムを再現したチーム開発などを経験するカリキュラムを満了した後、ジュニアのソフトウェアエンジニアとして就職・転職活動を行い、新たなキャリア形成を目指すものです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/49664/11/resize/d49664-11-345043-3.jpg ]




就職実現後に支払いが開始される新しい学費の支払い方法「ISA」

ISAは、米国で生まれたスクールと学生の新しい契約モデルで、入学から卒業までの期間は受講費用が発生しない代わりに、就職が実現した卒業後の収入から、一定割合をスクールに支払うという内容の所得分配契約です。CODEGYM ISA は、国内で初めてISAを導入し、IT業種へのキャリアに関心を持ちながらも、金銭的なハードルや不安からプログラミングスクールに通うことができなかった方や、自分のキャリアを再選択したい強い意思がある方を対象に教育を提供し、「未知の課題を解決する」人材を輩出することを目指します。 非IT職種・プログラミング未経験者(16歳以上29歳未満、大学生を含む)を対象にカリキュラムを提供し、その内容は1200時間にわたり、長期的なキャリアの成功、業界で活躍する人の輩出をテーマにしていることから、問題解決型のアプローチで、コーチングを主体とします。

ISAでは、入学金・在籍中の学費の支払いが一切ない代わりに、卒業後に就労が実現した後、初任給の支払い日の翌日を起算として30ヶ月間(回)にわたって給与(月給)の15%を支払う義務が発生します。カリキュラムを完了後、就職に成功しない場合や、就職に実現しても ISA の規定に定める年収ライン(年300万円)を下回る期間においては、支払いの義務は発生いたしません。また、支払期間に病気や怪我、介護、育児等の何らかの事情で給与を得られない場合、その期間の ISA における支払いは一時的に猶予され、その期間の金利等は発生しません。カリキュラム途中における自己都合退学は、5週目以降を起算して在籍期間に応じた一定金額(48週間コースの場合、週22,500円)の在籍保証料金のみ発生し、退学に在籍期間に応じた精算が必要となります。(※進級テストが行われる4週間目までは一切費用は発生せず、また48週間を経てカリキュラムを満了した場合には、在籍保証料の請求はありません。お試しの4週間を含め、就労実現まで金銭的なリスクを極力押さえた教育機会の提供を目指しております)

[画像3: https://prtimes.jp/i/49664/11/resize/d49664-11-844897-2.png ]


新たなプランでは、働きながらでもプログラミングの勉強とエンジニア転職が可能になり、多くの方に挑戦いただく機会をご提供いたします。



【募集要項】2021年2月入学生 CODEGYM ISA 48週間コース (週20時間 x 48週間)



入学日  2021年2月8日(月)
対象者  日本で就労資格のある16歳から39歳の方
     IT業界のソフトウェアエンジニアへの就職に強い動機があり、1年間の学習が続けられる方

▼選考方法と期間
・エントリー期間 2020年12月23日(水)正午 ~ 2021年1月11日(月/祝)23:59
・Webテスト 2021年1月15日(金) 20:00~21:30
・面談&結果発表 2021年1月18日(月)~22日(金)

エントリーWebサイト
https://codegym.jp/isa/

■ 48週間コースの学習スケジュール
・すべてオンラインで実施
・月 火 木 金曜日 19:00~22:00
・土曜日 9:00~19:00
・水曜日/日曜日 自習日(休校日)

■ お支払いポリシー(※ 24週間/48週間共通)
エントリー、入学にかかる費用は一切不要
卒業・就職実現まで学費の支払いは発生なし

給与からの支払い率 15 %
卒業後の支払期間 30 ヶ月
支払いが開始される年収下限額 300 万円
総支払額の上限 195 万円

■ 途中退学ポリシーについて
4週目 (進級テスト実施) までの自己都合の退学、契約解除には学費や手数料はかかりません。
5週目以降~カリキュラム満了前に自己都合退学、解約を行った場合にのみ、
1週間あたり加算される 22,500円 の在籍保証料の清算が必要となります。

CODEGYM ISA(旧QUELCODE)主な内定実績 ※2020年上半期
・株式会社 ZOZOテクノロジーズ
・株式会社 アイスタイル
・株式会社 エス・エム・エス
・株式会社 レコチョク
・株式会社 エスイーアーキテクト
・株式会社 mofmof
・株式会社 H2ワークス
・株式会社 Y&I Group 株式会社
・株式会社 コードベリー




■ LINEアカウントでご案内


CODEGYM 最新情報や、受講生募集の案内のための公式LINEアカウントを開設しております。
こちらのURLをクリック/タップするか、QRコードを読み取って、LINEの友だち登録ができます。
https://lin.ee/rdAepmp


[画像4: https://prtimes.jp/i/49664/11/resize/d49664-11-995746-4.png ]




LABOTについて


LABOTは、「人の可能性に投資する」というミッションのもと、家庭環境・学歴などによらず、誰もが平等に挑戦できる教育機会の提供を行うため、日本国内で初めて、ISA(Income Share Agreement)=所得分配契約、いわゆる学費の出世払いを採用した、コンピュータサイエンス・プログラミングスクール「CODEGYM ISA」を、2020年1月に開校いたしました。2020年4月からは、新型コロナウイルスの影響を受けて、オンライン学習体制に完全移行しています。

■株式会社LABOT 概要
社 名 :株式会社LABOT
会社所在地 :東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
設立年月日 :2019年7月1日
代 表 者 :代表取締役 鶴田浩之
事業内容 :ISAを採用したプログラミングスクールの運営
URL : https://labot.inc/


■関連プレスリリース

卒業まで学費無料のプログラミングスクール「QUELCODE」、新型コロナウイルスの影響で内定取消にあった大学生を対象に無償カウンセリングを実施。エンジニア希望者には6ヶ月間のISAプログラム提案
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000049664.html

LABOT、コーチングを用いたプログラミング学習サービス「CODEGYM」をリリース。本日から新規入会を受付。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000049664.html

LABOT、プログラミングを「写経」して学べるWebサービス SHAKYO.io をローンチ。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000049664.html

LABOT、日本初のISAを採用したプログラミング学校を2020年1月に開校
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000049664.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング