宮城県産新米「ササニシキ」100%使用した新米新酒しぼりたて「一ノ蔵特別純米生原酒しぼりたて」11月26日発売

PR TIMES / 2020年11月27日 11時45分

株式会社一ノ蔵は、宮城県を代表する品種「ササニシキ」の新米を使った新酒を11月26日から発売を開始する。

株式会社一ノ蔵は11月26日より、宮城県産新米「ササニシキ」を100%使用した新酒「一ノ蔵特別純米生原酒しぼりたて」を期間限定にて発売を開始する。
今年は、ササニシキの上品な甘みがしぼりたてのフレッシュな香味と調和した口当たり柔らかな新酒に仕上がりました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/63535/11/resize/d63535-11-649982-0.jpg ]

株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山、代表取締役社長 鈴木 整)は、11月26日に「一ノ蔵特別純米生原酒しぼりたて」を季節限定・数量限定にて発売します。
原料米には吟醸酒並みに磨いた(精米歩合55%)宮城県産ササニシキを100%使用。
ササニシキ※の上品な甘みがしぼりたてのフレッシュな香味と調和した口当たり柔らかな新酒に仕上がりました。

※ササニシキは1963年に一ノ蔵の地元宮城県大崎市で誕生した品種で、あっさりとした上品な香味特徴から高い人気を誇り、1993年に発生した平成の大冷害前までは、西のコシヒカリ、東のササニシキと人気を二分する大人気品種でした。
しかし、1993年の平成の大冷害に、ササニシキはほとんど収穫が出来なかったことから作付け面積は激減。現在では全国の稲作作付面積でも上位20位にも入らない希少性の高い品種となりました。

一ノ蔵は、創業当時から地元の宮城県産米を使用した酒造りを行い、現在では県産米使用比率は98%以上となりました。これからも地元産米を積極的に使用して宮城の地酒としてお届けいたします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/63535/11/resize/d63535-11-756713-1.jpg ]

商品情報
商品名 一ノ蔵 特別純米生原酒しぼりたて
アルコール分 17%
精米歩合 55%
原料米 ササニシキ(宮城県産米)100%
価格(税込希望小売価格)1.8L×3,298円、720ml×1,500円
販売先は日本名門酒会加盟店、宮城県内の酒販店、スーパー、百貨店


お問合せ
株式会社一ノ蔵
987-1393 宮城県大崎市松山千石字大欅14番地
電話0229-55-3322(代)
営業時間 平日9:00~17:00
URL  https://ichinokura.co.jp/

・飲酒は20歳になってから・飲酒運転は法律で禁止されています
・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング