1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ギックスとJR西日本が採択された尾道市実証実験サポート事業、個客選択型スタンプラリー「マイグル」とMaaSアプリ「WESTER」「setowa」活用した実験内容の詳細が決定

PR TIMES / 2021年10月22日 18時45分



株式会社ギックス(本社:東京都港区、代表取締役:網野知博、以下:ギックス)と西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:長谷川一明、以下:JR西日本)は、尾道市が実施する「尾道市実証実験サポート事業」において、JR西日本が提供する新常態をサポートするMaaSアプリ「WESTER」とせとうち観光ナビ「setowa」、およびギックスが提供する個客選択型スタンプラリー「マイグル」を活用した実証実験が事業採択されています。(※)この度、実証実験の詳細が決定したことをお知らせいたします。

※MaaSアプリ「WESTER」「setowa」と個客選択型スタンプラリー「マイグル」が 尾道市実証実験サポート事業に採択されました!(2021/8/4)  https://www.gixo.jp/news-press/17029/

○観光・グルメ・ショッピングスポットに加え、交通機関のチケットご利用でスタンプをゲット!!
AIがおススメする観光スポット2ヶ所、グルメ1ヶ所、ショッピング1ヶ所(計4スポット)と
交通機関チケット1種類の計5つのスタンプをぐるっと回って集めましょう!

○スタンプを集めて豪華賞品をゲット!!
スタンプを4つ集めてアンケートに答えるとオリジナルマスキングテープ(製造元:カモ井加工紙)をもれなくプレゼント!5つ集めると、さらに抽選でオリジナルタンブラーをゲットできるチャンス!


■実証実験の目的
観光地の抱える課題として、個人に合わせた旅の提供ニーズの高まり、非対面・非接触による安全・安心な旅の提供ニーズの高まり、オーバーツーリズムの発生などがございます。そこで、「WESTER」「setowa」を通じて、AIが「個」に合わせた観光・グルメ・ショッピングスポットや公共交通機関を安心・おトクに利用できるチケットを提案する旅の提案を行い、クリアをした方にインセンティブ(賞品)を提供することで、公共交通機関の利用や回遊性向上、観光消費の増加に向けた行動変容が図れるかを検証することを目的としています。

■実証実験概要
・2021年10月29日(金)~2021年12月26日(日)にて尾道エリアで実施いたします。
・移動生活ナビアプリ「WESTER」のおトクにGo!からエントリーし、簡単な3問のアンケートに答えるだけ で、AIが個人に合わせたおすすめの観光スポットなどを提案します。提案内容を踏まえ、ユーザは好みに合わせてスタンプラリーをアレンジして設定します。
※AIの提案通りのスタンプラリー設定も可能です。
・スタンプは観光・グルメ・ショッピング・交通機関のカテゴリーに分かれており、あらかじめ候補として設定されている数々のスポット等の中から、観光スポット2ヶ所、グルメスポット1ヶ所、ショッピングスポット1ヶ所、交通機関チケット1種類を選択してスタンプラリーを設定します。
・ユーザは各スタンプの付与条件を達成すると、デジタルスタンプを獲得できます。
・スタンプには、交通機関チケットの1つとしてせとうち観光ナビ「setowa」で提供するデジタルフリーパス等も対象としています。
・スタンプラリーの条件をクリアすると、ユーザにインセンティブ(賞品)を提供します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/80464/11/resize/d80464-11-4ce835b39f8743984657-4.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/80464/11/resize/d80464-11-95b0a0986b892b51381f-0.png ]


<参考>

■尾道市実証実験サポート事業とは
地域課題の解決や豊かな市民生活の実現、および新規産業の創出や産業の集積、ブランド力の向上を目的に、AI やIoT といった先端的なデジタル技術を活用する実証実験に対して、尾道市が支援を実施する取り組みです。


■会社概要
1.西日本旅客鉄道株式会社
JR西日本は、公共交通を担う地域共生企業として西日本エリアの交流人口、関係人口を増加させることを目指す中で、デジタル技術を活用して移動や生活サービスをシームレスに提供する「MaaS」を重要な経営課題ととらえ、様々な取組みを進めています。
観光型では2019年10月からせとうちエリアにおいて「setowa」の実証実験を開始し、2020年9月からは実装に移すとともに、地方型では2019年10月より島根県邑南町との検討を開始し、2020年4月より地域公共交通のデジタル化に向けた配車システムの実証実験を展開しています。また、関西の鉄道事業者7社により2019年に組織された「関西MaaS検討会」にも属し、2025年に開催される大阪・関西万博に向け「関西地域におけるMaaSのあるべき将来像」「関西鉄道事業者間の連携を前提としたMaaSシステムの構築」などについて共同で検討しています。
所在地  大阪市北区芝田二丁目4番24
代表者  代表取締役社長 長谷川 一明
設立   1987年4月1日
事業内容 運輸業/流通業/不動産業/その他
企業URL  https://www.westjr.co.jp

2.株式会社ギックス
ギックスは、戦略コンサルタントとアナリティクス専門家によって立ち上げられた “データインフォームド”推進企業です。アナリティクスを活用し、あらゆる判断をデータに基づいて行えるようにご支援することで、クライアント企業の経営課題解決を実現しています。
所在地  東京都港区
代表者  代表取締役 網野 知博
設立   2012 年 12 月
事業内容 アナリティクスを用いたデータインフォームド事業
     データを活用した各種コンサルティング業務および、ツールの研究・開発
     上記ツールを用いた各種サービスの提供
企業 URL https://www.gixo.jp/
※JR西日本グループと株式会社ギックスは資本業務提携を締結しています。


■移動生活ナビアプリ「WESTER」

[画像3: https://prtimes.jp/i/80464/11/resize/d80464-11-919fbda707194dc4b43f-2.jpg ]

  “手のひらで西日本をマスターしよう!“をテーマにした新常態の移動生活をサポートするJR西日本公式のMaaSアプリです。最寄り駅やよく利用する駅をマイ駅に設定し、時刻表や駅情報、経路検索等をワンタッチで実施できる機能や、大阪環状線やゆめ咲線のリアルタイム混雑情報、および一部の駅の時間帯別混雑傾向など、お客様の移動と生活をシームレスにサポートするサービスを提供しています。
  「WESTER」は「Google Play」「App Store」で「WESTER」と検索し、ダウンロードしてご利用頂けます。
 ※Google Play は、Google LLCの登録商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。


■せとうち観光ナビ「setowa」

[画像4: https://prtimes.jp/i/80464/11/resize/d80464-11-9072ae793a036f816b2b-1.png ]

  せとうちエリアの話題のスポットの紹介や、スポットまでの経路検索、および新幹線やホテル・レンタカーなどの予約機能など、JR西日本が提供するせとうち旅に欠かせない「観光ナビ」です。JRやバス、船舶など指定の公共交通機関の自由周遊エリアが乗り放題の「setowa周遊パス」や、観光・体験・グルメなど旅を彩る「setowaチケット」をキャッシュレス、チケットレスで購入・利用でき、安心、おトクに旅を楽しんでいただけます。
  「setowa」は「Google Play」「App Store」からのダウンロード、もしくはWEBサイトでご利用頂けます。
 ※Google Play は、Google LLCの登録商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。


■個客選択型スタンプラリー「マイグル」

[画像5: https://prtimes.jp/i/80464/11/resize/d80464-11-c19d0d1966868da0db6a-3.jpg ]

  「マイグル」は、お客様の購買行動をもとに最適化された複数の選択肢から、自分だけのオリジナルのスタンプラリーを作ることができるスマートフォン向けwebアプリケーションです。購買データやアンケート結果を活用することで、お客様の趣味・嗜好に合わせた店舗・サービス・商品などをスタンプラリーの選択肢としてAIが提示します。お客様は好きなものを選んでスタンプラリーを組み立てることができ、参加率や達成率、参加ユーザの満足度を高める効果が期待できます。
URL: https://www.gixo.jp/service/mygru/
(ギックスではマイグルに関して複数の特許を出願済みです。特許6841539等)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング