3キャリアユーザーに聞く、新型iPhone購入意向調査

PR TIMES / 2013年9月18日 19時1分



-------------------------------------------------------

新型iPhone購入意向は46.0%
ドコモiPhoneへの意向が高くも、購入不安も大きく
MNPはauが唯一のプラス、ドコモ・ソフトバンクはマイナスに

-------------------------------------------------------

マーケティングリサーチを行う株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行っております。新型iPhoneの予約が開始された9月13日に、各社からキャンペーン施策が発表されました。それを受け、2013年9 月13日~9月17日の5 日間で本年9月11日に発表された新型iPhone「iPhone 5s/iPhone 5c」について、全国の15歳以上の男女4500名(ドコモ・au・ソフトバンク:各1500名)を対象にインターネットリサーチを実施いたしました。


◆「3キャリアユーザーに聞く、新型iPhone購入意向調査」調査結果

■46.0%が新型iPhoneの購入意向あり! iPhone 5sの人気が、iPhone 5cを大きく上回る。

新型iPhoneの購入意向を聞いたところ、「購入したい」と答えた人は、13.4%、「やや購入したい」と答えた人は32.6%となりました。合わせて46.0%の方が新型iPhoneを購入したいと思っているようです。また、「購入したくない」と答えた人は、わずか29.0%で新型iPhoneへの購入意向が高いことがわかりました。

■新型iPhone購入方法は機種変更が最も多い結果に。
一方、MNP流出入では、auが、ドコモ、ソフトバンクに大きく差をつけ、唯一のプラスに。
各キャリアのユーザーに新型iPhoneはどのように購入するかお聞きしたところ、機種変更が65.8%で最も多い結果となりました。各キャリアの契約形態別の内訳をみると、ドコモは機種変更での選択が多い結果となっています。またMNP流出入では、ドコモ、ソフトバンクに対して、auは、唯一流出入意向の結果がプラスとなりMNPによる流入意向が多い結果となっています。

■「実質0円」「800MHz帯対応」などドコモ、auの報道発表へ関心が集まる。
ドコモの「今ドコモを利用中の方が、iPhone 5s(16GB) またはiPhone 5c(32GB) へ機種変更・契約変更すると、端末費用が実質0 円となること」44.3%、auの「新型iPhoneがプラチナバンド帯(800MHz帯)のLTE サービスに対応していること」34.0%が2トップという結果になっています。ドコモ、auの報道発表への印象が高かったことがわかりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング