コカ・コーラシステム 水を自然に還元する取り組みを強化 2020年までに製造に使用した水のプラスマイナスゼロを目指します! 水への取り組みを紹介するWEBコンテンツ 3月15日よりオープン

PR TIMES / 2012年3月15日 14時0分



 コカ・コーラシステムは、水源保護・取水・水質管理・効率的利用・排水管理の5つの事業活動において、製造に使用する量と同等の水(※1)をコミュニティおよび自然に還元する取り組み(Water Neutrality ウォーター・ニュートラリティー)を強化。2020年までに水使用のプラスマイナスゼロを実現し、Water Neutralityの達成を目指します。

(※1)「水源涵養量」+「排水処理量」=「製造に使用した水量」(製造に使用した水量には、製品の原材料として使用する水も含む)

 また、コカ・コーラシステムの水への取り組みを紹介するWEBコンテンツ http://www.cocacola.co.jp/waterneutrality/ を3月15日にオープンいたします。

 水はコカ・コーラ社の製品全てに使われています。水と関わりの深い飲料メーカーだからこそ、使う水の量はできるだけ少なく、また使った水は責任をもって管理し自然に戻し、大切に守っていかなくてはなりません。
 WEBコンテンツでは、5つの事業活動を柱とし、コカ・コーラシステムの工場内外における水の取り組みをわかりやすく説明しています。

 世界中で様々な水事情・水問題が起こる中、ザ・コカ・コーラカンパニーでは、2020年までに水資源の持続可能性におけるグローバルリーダーになるという目標を掲げており、世界中のコカ・コーラ社は水への取り組みを強化しています。

 コカ・コーラシステムでは、今後も、工場の省水を目的とした節水設備の新ライン導入等を計画しており、Water Neutralityの実現に向け、取り組みを推進して参ります。


・コカ・コーラシステムの5つの事業活動における水への取り組み

・水資源保護
 全国のコカ・コーラシステムの工場では、工場の水源エリアを調査して特定し、水量や水質等水に関する問題がないか科学的に分析しています。その上で、水の故郷である水源エリアの自然環境が持続的に水を育み蓄える力を持ち続けていけるよう、その土地や自然環境の特徴を踏まえながら地域や専門家の方々と力を合わせて水資源保護に努めています。コカ・コーラシステムでは、2011年12月現在、日本全国各地で11か所の水資源保護活動を行っています。

 また同時に、次世代を担う子供たちを対象とした環境保全・環境教育プログラム「コカ・コーラ 森に学ぼう」を日本各地で開催し、体験学習を通じて森の役割や自然環境保護の大切さを伝えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング