サクッとスマホアプリ展開、人気の無料スマホ放置型 コレクションゲーム作成ASP【アリスタップ】が遂に公開!

PR TIMES / 2013年4月25日 14時16分

株式会社アリスマティック(代表取締役:寺島義貴、本社:東京都渋谷区)は、iPhone、Google Playで人気の放置系コレクション育成ゲームが管理画面で作成、更新できるゲームエンジンASP「アリスタップ」を公開致しました。http://www.arith-metic.jp/arithtap/

既に当社では放置系コレクションゲームを数パターン展開しておりますがユーザー数は70万人を超えており企画の切り口やアイディア等で多くのユーザーを掴むことができる可能性があります。
また展開している当社第一弾の恋愛ゲームASP「アリスマイル」は既に利用企業のユーザー数が150万人を突破しており無料ASP型サービスの運用ノウハウを今回の「アリスタップ」にも利用しております。




◆アリスタップ進行要素等

弊社展開のコレクションゲームをユーザーの動き、データを収集しよりユーザーが使いやすく改良したバージョンが アリスタップとなっております。
放置によりキャラが自動発生、取得数によりシナリオが再生、特定のキャラを特定数取得することにより次の段階のブロックに自動で移動します。
発生キャラ:35種類、各キャラ3つのシナリオ設定となっております。


◆ソーシャル要素


シナリオ再生後にフェイスブック、ツイッター投稿機能がありここにインセンティブを持たせることにより 集客をソーシャル的に行うことが可能となっています。

◆自社集客ツールとして

現在のネイティブマーケットではいくら広告費を積んでも集客できないのが大きな問題になっています。ARPUの高いカードゲームでは目標獲得単価を@700円等に設定していますがそれ以外のコンテンツ展開企業にとっては大きな意味でエコシステムが働いていません。
CPI広告では単価は@300円程度に抑えられますが数を囲うことができず、また@300円でもペイしないコンテンツの方が多い状況です。
またリワードはランキングからの流入以外には効果はありません。かつそのコストは500万~1000万となっています。
そこで自社コンテンツに関連のあるようなコレクションコンテンツ展開を行えばリスクなく継続的に自社サイトへの集客が可能となります。


◆クリエイティブな発想で展開可能

コンテンツで言えば当社で一気に数十万人のユーザ獲得しグッズ化も決定したオモシロネタ系の「かっぱコレクション」、また萌え要素に振り切り恋愛シナリオ要素をメインにした「家出をしたらそこはハーレムだった」 等があげられます。
萌え系はカードゲームと非常に相性がよく広告においても高い評価をもらっています。
また企業のドリンク商品やお菓子等の新商品発表等におけるプロモーションツールとしても利用可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング