働く女性 要チェック!『トンイ』に学ぶ処世術

PR TIMES / 2014年5月9日 19時24分

韓国歴史ドラマを100倍楽しむための5つのポイント第2弾

CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」では、韓国歴史ドラマ『トンイ』を、5月13日(火)より放送します。番組放送に先駆け、「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」公式ホームページで、本日よりコラム「韓国歴史ドラマを100倍楽しむための5つのポイント第2弾『トンイ』編」がスタート。数多くの困難を冷静かつ賢明に乗り切ったトンイの処世術など、要チェックポイント満載です。




CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、『宮廷女官チャングムの誓い』を手がけた 韓国歴史ドラマの巨匠イ・ビョンフン監督の最高傑作『トンイ』を、5月13日(火)より放送します。

番組放送に先駆け、「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」公式ホームページで、本日 5月9日(金)より韓流取材歴12年の編集者・露木 恵美子さんによるコラム「韓国歴史ドラマを100倍楽しむための5つのポイント第2弾『トンイ』編」(http://www.ch-ginga.jp/news/#entry-3437)がスタートします。

『トンイ』は、朝鮮王朝第19代王・粛宗の側室で、第21代王・英祖の母となった女性の生涯をモデルにした歴史大作。幼くして過酷な境遇に陥りながらも、自らの手で運命を切り開いた主人公トンイのドラマチックな人生は、見る人に熱い感動をもたらし、韓国の視聴率は30%を記録。日本では、NHKBSプレミアムで放送された韓国ドラマのなかで最高視聴率を記録、NHK総合でも放送され大きな反響を呼びました。

コラムでは、見る人を引き付けてやまない名シーン、名台詞の数々、さらに主人公トンイと、彼女を取り巻く人々の関係などから、イ・ビョンフンマジックともいうべき演出術に迫ります。なかでも、宮廷内で起きる数多くの困難を冷静な対処と賢明な判断で乗り切ったトンイの処世術は、働く女性にぜひチェックいただきたいポイント。

読んでから見るか、見てから読むか。ドラマとコラムを組み合わせてご覧いただけば、韓国歴史ドラマがもっと楽しくなること請け合いです。

『トンイ』
韓国/2010年/全60話
監督:イ・ビョンフン
出演:ハン・ヒョジュ(トンイ)、チ・ジニ(粛宗:スクチョン)、イ・ソヨン(オクチョン/チャン禧嬪:ヒビン)ほか

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング