~身近な製品だからこそ、事故に注意して下さい~ 「暖房器具の製品事故に注意」 「照明器具の知っておきたい危険性」

PR TIMES / 2013年11月5日 11時51分



本格的な冬の到来を前に、電気やガス、石油ストーブなどの暖房器具を準備する時期になりました。しかし、使い方を誤ると、命に関わる危険につながります。これらの暖房器具や、身近な製品を安全に使用していただくために、内閣府政府広報室が運営する政府広報オンラインより「暖房器具の製品事故に注意」、「照明器具の知っておきたい危険性」をお伝えします。


使用機会が増えるからこそご注意を

暖房器具の製品事故にご注意下さい

冬は、電気やガス、石油などを使った暖房器具の使用頻度が増える季節。身近な製品の中には、「製品事故」という危険も潜んでいます。また、気象庁が発表した長期予報によると、今年の冬も全国的に「寒い冬」となる見込みです。そこで、製品事故防止のために注意すべき点をご紹介します。


どんな製品事故が起きているのか?
・ 換気を行わずに長時間使用したところ、不完全燃焼による一酸化炭素中毒事故が発生
・ 電気ストーブ近くに干していた洗濯物が電気ストーブに接触し、火災が発生
・ 石油暖房器具をつけたまま、カートリッジに給油しようと持ち上げたところ、カートリッジのふたの締め付けが不十分で、灯油漏れが生じ、灯油が燃焼部分にかかって火災が発生

暖房器具の製品事故防止のために
・ (ガス・石油暖房器具の場合)1時間に1~2回の換気(窓などを開ける)を行いましょう。
・ 周囲に燃えやすいものを放置しないようにしましょう。
・ 石油暖房器具のカートリッジタンクに給油するときは、必ず消火をしてから行いましょう。

<その他によくある冬の製品事故と、その対策についてはこちら>
URL: http://www.gov-online.go.jp/featured/201101/index.html


発煙事故に至ったケースも

暮らしに欠かせない照明器具の正しく安全な使い方

私たちの暮らしに欠かせない照明器具。最近は、省エネや節電のため、より電力消費が少ないLEDランプに取り替えたという人も多いのではないでしょうか。そんな身近な照明器具も、使い方を誤ると、火災など大きな事故につながるおそれがあります。最近はLEDランプ取付け時の不注意による事故も起こっています。そこで、照明器具のご使用にあたり、注意すべきポイントをご紹介します。

蛍光灯からLEDランプへの取替え時の注意~取扱説明書をよく読んで正しい装着を


節電効果が高いことから、蛍光灯から取り替える人が多いLEDランプですが、照明器具との組み合わせによっては、事故につながることがあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング