伊・アルカンターラ、デザイン上海2013ビエンナーレ展にマッシミリアーノ・アダミの作品「Sliding Colors」を展示

PR TIMES / 2013年12月6日 17時38分



【イタリア・ミラノ発】クリエイティブな前衛作家に好まれ選ばれているメイド・イン・イタリアの素材アルカンターラが、このたびデザイン上海2013ビエンナーレ展で展示されるマッシミリアーノ・アダミ作の*1インスタレーション、「Sliding Colors」の主要素材として採用されました。


「デザイン上海」は2000年に始まった隔年のイベントで、今年で第7回目を迎えます。開催趣旨は、上海におけるクリエイティブ デザインの発展を推進し、革新的・先駆的なデザイナーを育て、上海独自の文化的ブランドを生み出すことです。今年は新たに「デザイン上海2013」と銘打ち、上海を国際的な文化のメトロポリスとしてさらに発展させ、その文化の繁栄・発展を促進するために、中国や海外のデザイナーを集めて、プロフェッショナルで革新的、トレンドにつながる現代的な美術・デザインの展示を行います。


「Aesthetics City(美学の都市)」というサブタイトルがついた「デザイン上海 2013」に、アルカンターラはミラノのトリエンナーレ・デザイン美術館のパートナーとして、イタリア人デザイナー、マッシミリアーノ・アダミが全てアルカンターラで作ったインスタレーション作品を展示します。


作品「Sliding Colors」
アダミはアルカンターラを表面素材ではなく、成形や彫塑のできる構造素材として考え、この新素材の多様な色彩を強調した、ビジョンに満ちたサイケデリック風の空間を作り上げました。この作品は従来の方式では何とも分類できません。ほかのどれとも異なり、独自のカテゴリーに属する作品で、自然でも人工的でもありません。これが、マッシミリアーノ・アダミがアルカンターラ・ブランドのために生み出した新プロジェクトの作品です。


デザイナーのアダミは、自然のさまざまな要素が常に変化していくようすを表し、動きのあるインスタレーション作品を制作しました。これはアルカンターラの多様性を表現する理想的なメタファーとなっています。彼は円形のパーティションを使ってひとつの空間を囲い、その中でさまざまな色・仕上げのアルカンターラの細ひもを動かします。これは山や海の等高(深)線をかたどった穴からのぞくことができ、雲の中を遊泳するようなくつろぎを感じることができます。さまざまな色がゆっくりと通り過ぎ、次々に新しい形に変わり、万華鏡のように重なり合います。信じられないほど多彩な色合いを持ち、強靭で通気性に富み、柔軟でソフトな素材であるアルカンターラの多面的な表現を示すためです。本作品のために選ばれた色は、空気を表す淡色、温かいアースカラー、そして水の青です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング