訪日インバウンド専門のマーケティングチームDeepJapanならではの“外国人目線”に立った旅行商品造成支援サービス「DeepJapan Tours」をリリース

PR TIMES / 2020年10月6日 13時15分

これからのインバウンド旅行商品を創ろう~Withコロナの時代だからできる外国人マーケットに受け入れられる旅行スタイル~

株式会社ゼロイン(所在地:東京都中央区/代表取締役:大條充能、以下ゼロイン)は、コロナ禍で回復期に向けたインバウンド対策がさらに加速している中、海外の旅行会社と密接な関係を持つランドオペレーターや在日外国人旅行コンシェルジュと共に旅行商品造成と販売ルートの確立を支援するサービスを行政・自治体・観光協会・DMOの方々に対してリリースいたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/7933/12/resize/d7933-12-227614-0.png ]

旅行商品造成支援サービス「DeepJapan Tours」の概要
外国人旅行者のマーケットに合わせた旅行商品造成支援サービスです。特にこれから需要が伸びると言われているFIT(Foreign Independent Tour)やSIT(Special Interest Tour)に向けて、海外の旅行会社と密接な関係を持つランドオペレーターや在日外国人旅行コンシェルジュと共に、マーケット理解とFITやSITの外国人旅行者のニーズを踏まえた旅行商品を造成することが特徴です。

マーケット理解と外国人旅行者による観光地での体験の磨き込みが不十分な中、海外の旅行会社を招聘しても、商品造成と販売に繋がらないという地域の課題解決を目指しています。
在日外国人800人をネットワークし、インバウンドの専門事業者とアライアンスを組み、自治体やDMOのマーケティング実績豊富な弊社のノウハウを活かし、旅行商品造成から販路の開拓、さらにデジタルマーケティングとも連動させるサービスとなっています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7933/12/resize/d7933-12-598271-1.jpg ]


「DeepJapan Tours」独自の特徴 “外国人目線”にこだわった商品造成メソッド
FIT旅行者の中には、自分でフライトと宿泊を手配する旅行者もいますが、特に所得の高い欧米豪の旅行者は、海外の旅行会社に依頼をして10~14日間の旅行をコーディネートしてもらう層が存在します。この層に対しては、海外の旅行会社から相談を受けて提案をする日本のランドオペレーターや外国人トラベルコンシェルジュの影響力が大きいです。また人気観光地であればOTAサイトを活用した体験商品の活用が有効ですし、アジア向けには人気観光地のルートに沿った商品造成が有効です。このようにターゲットに合わせた商品造成の方向性を、弊社の旅行商品造成コンサルタントやターゲットの外国人旅行者に属性の近い在日外国人メンバーと決めたうえで、造成をするところが特徴です。

DeepJapan独自のデジタルマーケティングと連動
デジタルマーケティングのゴールは地域への外国人旅行者の誘客です。旅行商品造成とデジタルマーケティングを縦割りで分断するのではなく、旅行商品により体験できる価値を映像化や対象国に有効なメディアへの掲載・インフルエンサー・KOLとのリレーションを活用したコンテンツの制作・PRが可能なので、ワンストップでPRが可能です。


[画像3: https://prtimes.jp/i/7933/12/resize/d7933-12-248732-5.jpg ]



商品造成の相談は無料
行政・自治体・DMOの方に限り、初回のご相談は無料で承ります。相談の対応は観光庁のDMO外部専門人材に登録している経験豊富な弊社スタッフが対応します。

サービス内容
DeepJapan Toursは、地域の観光関係者とのワークショップから始まります。海外のマーケットの事情や外国人旅行者の旅行スタイルの理解を深めるところから始めていきます。旅行商品造成案件のミスマッチは、マーケットの理解が不足したまま手段を決めてしまうことにあると考えています。旅行スタイルを理解した上で、ターゲットを設定して、ターゲット国とターゲット旅行者の好みに合わせたその地域の観光魅力を定義します。

[画像4: https://prtimes.jp/i/7933/12/resize/d7933-12-142630-4.jpg ]


観光地との共創による商品造成
比較的近距離旅行である国内旅行の商品造成と、インバウンドの商品造成の違いは「そこでしかできないスペシャルな体験」にあると考えています。世界でここでしかできない、日本のここにしかない体験をつくるためには、地域の事業者の方たちの協力が必要不可欠です。外国人旅行者の目線を理解すれば、パック旅行のように365日受け入れ態勢をつくらずとも地域の今ある資源を活かした小さな投資で商品造成を可能にします。

サービス開発の背景
コロナ禍で海外旅行へ行けず、かつ外出自粛が推奨されている現在、渡航回復後に海外旅行をしたいという欲が溜まっている旅行検討者が多く存在しています。また欧米豪向けの旅行商品造成サイクルは1年以上時間がかかるため、コロナで旅行者の動きがない今だからこそ、地域に無理のない形で商品造成が必要と考えています。
ウィズコロナ時代に入り、人々の旅行購買行動は大きく変化し、大勢の人が集まる密な観光地よりも自分だけの体験を求め、より特別な体験ができる旅行商品が望まれています。そこでゼロインは観光地の方々へ向けて、未だ市場規模の拡大化が見込める欧米豪市場やアジア市場に向けて、市場特性にあった旅行商品の造成とデジタルマーケティングを提供することを決めました。

今後の展望
現在、DeepJapan Toursのプロジェクトが一つ進んでいます。その地域でしかできないFITとSIT向けの旅行を造成してデジタルマーケティングと連動させていく予定です。また商品造成の手前での基礎調査の相談も受けております。


当社の事業概要
インバウンド公共事業に特化したマーケティング事業をおこなっています。海外の文化や慣習に精通し、グローバルネットワークを活用したウェブサイトのデジタルブランディング戦略からサイト構築、ファムトリップ、SNS運用までサポート。2020年からは旅行商品造成支援も行っています。” すべての「働く」を元気にする。“を経営理念に掲げ、日本と海外を繋ぐ事業を通じて、日本の生産性の向上に取り組んでいます。

■社名 :株式会社ゼロイン
■代表 :代表取締役 大條充能
■所在地:東京オフィス: 東京都中央区銀座7-4-12 銀座メディカルビル4F
■電話 :03-5537-5553
■設立 :1998年2月
■事業内容:インバウンドマーケティング事業、総務アウトソーシング事業
      インターナルコミュニケーション事業、オフィスデザイン事業
■URL : https://www.zeroin.co.jp
■リリースセミナー:2020年10月9日(金)行政・自治体・DMO向けに、
     DeepJapan Toursリリースセミナーを行います。
     申し込み: https://www.zeroin.co.jp/news/633/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング