「アニヴェルセル総研」第2弾、恋愛意識調査 『交際相手に言われて傷ついた言葉ランキング』

PR TIMES / 2014年1月20日 16時10分

普段何気ない会話で使いがちの言葉に要注意?!

ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長 中村 宏明)は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/)に、調査結果を公開しています。第2回目は、首都圏・関西在住の20歳から37歳の独身である男女1400名を対象に「恋愛意識」に関する調査を行いました。



「交際相手に傷つけられた言葉」に関する調査では、「心を傷つける一言、心を傷つけられた一言」という質問に対し、男性は「自尊心を傷つける言葉」に傷つき、女性は「容姿」に関する言葉に傷つきやすいことがわかりました。アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル総研」を通して、結婚に関する興味喚起を訴求してまいります。

口は災いの元。思わず口にした言葉が相手を深く傷つけることに

「喧嘩するほど仲がいい」といいますが、そのときに口にした売り言葉に買い言葉によっては、思いの外、互いを傷つけ、傷ついてしまうものです。誰にも経験がある事とはいえ、カップルご当人以外はそのときいわれた言葉を耳にする機会はないでしょう。現代のカップルたちが、どんな言葉に傷つき、傷つけられているのか、その一端をご紹介します。

はじめに「言われて傷ついた言葉」ワースト5から。男性が言われて傷ついた言葉は、1位「うざい、顔もみたくない」、2位「一緒にいても面白く無い」、3位「好きだけど別れよう」、4位「大事にされてない・優しさが足りない」、5位「男としてありえない」の順。いずれも破壊力満点の言葉ですが、どことなく共通点があるようにも思えます。というのも、ここに並んだ言葉は、「自尊心を傷つける言葉」といえるのではないでしょうか。このような言葉を投げつけられたら、多くの男性が「プライドを傷つけられた」と感じることでしょう。逆にいえば、「プライドを否定されることによって傷つくのが男性」といえるように思えます。

女性は容姿に関する言葉に傷つきやすいが、男性側にも問題が?

一方、女性のワースト5は、1位「容姿が悪い、太っている、痩せたら?」、2位「将来が考えられない、結婚が考えられない」、3位「嫌いになっちゃった・好きじゃなくなった」、4位「一緒にいても楽しくない、合わない」、5位「もういいよ、勝手にすれば」となっています。男性と比べると、よりストレートで具体的な言葉が並んでいるようです。1位の言葉は「容姿」を気にする女性ならではの受け止め方なのでしょう。お相手の男性は特に悪意もなく口にした言葉なのかもしれませんが、それで深く傷ついてしまうのが女性なのです。しかし、これも裏を返せば、男性の側があまりにも軽はずみに思いやりのない言葉を発してしまうことの証しといえるかもしれません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング