花や緑と住む人のコミュニケーションを育む街 クルドサック(袋小路)を中心に10邸だけの贅沢なコミュニティを創造 『花と果樹の町 -春日部緑町- 』 資料請求・来場予約 順次受付中!

PR TIMES / 2014年5月13日 10時22分



来場予約・資料請求 受付開始!
http://www.polus-kodate.com/kodate-k-ko/midoricho24/?waad=0Lp5ZRH1

 このたび、株式会社中央住宅(本社:埼玉県越谷市南越谷1丁目21番地2、代表取締役社長:品川 典久、以下:中央住宅)は、『花と果樹の街-春日部緑町-』(埼玉県春日部市、総戸数10戸)をグランドオープンしました。春日部は、自然と便利が共存した注目の住宅エリア。『花と果樹の街-春日部緑町-』は「自然と共に絆を育てる花と果樹のある暮らし」をコンセプトに春日部の郊外につくられた10邸だけの贅沢なコミュニティです。クルドサック(袋小路)を中心としたヨーロッパのような街並みは、通常の分譲住宅にはない秀逸な区画デザインが魅力となっています。
 お近くにモデルハウスもご用意しておりますので、この機会に是非ご来場ください。

自然と共に絆を育てる 花と果樹のある暮らし
 大通りから一歩奥まり、穏やかな住宅街が広がる春日部緑町1丁目エリア。この地にふさわしい、10家族だけのコミュニティを描きました。街区南側からの陽光を誘い、包み込むように、6m幅のゆとりある道路を配置。通りぬけのないクルドサック(袋小路)とすることで、コミュニケーションスペースを演出します。
 『花と果樹の街-春日部緑町-』の街づくりにあたり考えたのは、「暮らしに自然を取り入れて、家族らしさを楽しむ住まい」であること。「花と果樹のあるこの街での暮らしを楽しみたい」という思いが込められています。


■この街ならではの暮らしを楽しむ
 鮮やかな花々や心癒す木々に囲まれ、その成長を見守りながら暮らす贅沢。

1. 四季を五感で楽しむエクステリア
 リビングの延長として使いやすいテラスを各邸の庭に配置。収穫した果実やガーデニングの道具を置いたり、木々を眺めながら隣人と語り合うなど、住まいの内と外をつなぐ心地よい空間を実現します。

2. 庭の恵みを住まいの中へ
 庭の草花をテーブルに飾り、自分で育てて収穫したベリーやハーブを楽しく手作りする生活は、子どもたちの食への好奇心を育てます。


3. 四季折々のワークショップを開催
 ガーデニングに不慣れな方でも、やさしく庭づくりをはじめられるよう、四季折々のワークショップを開催。ここに住まう人々が、自ら植物を育て景観を育てる楽しみを味わえるようにサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング