2015年春の花粉飛散予測(第2報) ~例年より早く2月上旬から飛散開始~

PR TIMES / 2014年12月3日 11時15分



一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)は、2014年12月3日(水)に全国・都道府県別の2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第2報)を発表します。また、詳細な情報を「2015年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。
第2報では、新たにスギ花粉飛散開始時期の予測を発表します。また、第1報の花粉飛散数予測を花芽調査などに基づき一部修正しています。これらの予測は、今後の花芽調査や気温予測などのデータを基に内容を更新する予定です。今後も日本気象協会の花粉予測にご注目いただき、2015年春の花粉対策に向け、お役立てください。

1. 全国予測の概況

(1)飛散開始時期 -九州から関東では例年より早く-
2015年春のスギ花粉の飛散開始は、例年より早いところが多いでしょう。2月上旬に九州・四国・東海地方から花粉シーズンが始まる見込みです。
2015年の1月から2月の気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高く、北日本は平年並みの見込みです。この時期の気温が平年より高いと、スギ花粉の飛散開始は早くなる傾向にあります。このため、2015年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本は例年より早く、北日本は例年並みでしょう。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。このため、2月上旬に飛散開始が予想される九州・四国・東海・関東地方などでは、1月下旬頃には花粉対策を始めておくことをおすすめします。
*飛散開始:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日以上連続して観測した場合の最初の日

(2)飛散数予測 -東京では前年(2014年)の2倍以上、福岡では3分の1に-
2015年春のスギ及びヒノキ花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は、九州から近畿地方のほとんどの地域は例年より少ないまたはやや少なく、東海から東北地方は例年並みでしょう。北海道は例年よりやや多くなる見込みです。
前年(2014年)の花粉の飛散数が少なかった北陸・関東甲信・東北地方では、2015年春の飛散数は前年の2~3倍になるでしょう。一方、前年の飛散数が例年よりも多かった九州・四国地方では、2015年春の飛散数は前年に比べて非常に少なくなる見込みです。
花粉の飛散数は夏の気象条件が大きく影響し、一般に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数は多くなります。
今年の夏は、北陸・関東甲信・東北地方では気温が高い所が多くなりました。一方、九州や四国地方では低温・少照・多雨となり、花芽が形成されにくい気象条件となりました。このため、2015年春の花粉飛散数は、東日本と北日本では例年並みかやや多く、西日本では例年より少ない所が多いでしょう。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング