株式会社CHINTAIが集客から店舗反響数、売上データまでを統合し、顧客ファネル全体の分析、売上アップを目指してDatoramaを導入

PR TIMES / 2018年2月20日 16時1分

マーケティング・インテリジェンスを提供するDatorama Japan株式会社は、株式会社CHINTAIがマーケティング戦略・施策の最適化、および売上の一層の成長を目指しマーケティング・インテリジェンスのDatoramaを導入したことを発表致しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/21376/12/resize/d21376-12-838210-0.jpg ]

マーケティング・インテリジェンスを提供するDatorama Japan株式会社(デートラマジャパン/本社ニューヨーク、CEO:ラン・サリグ、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:布施一樹)は、株式会社CHINTAI(東京都港区、代表取締役会長兼社長:佐藤茂)がマーケティング戦略・施策の最適化、および売上の一層の成長を目指しマーケティング・インテリジェンスのDatoramaを導入したことを発表致しました。

不動産賃貸ポータルサイトのCHINTAIは、自社サイトを中心に、リスティング、ソーシャルなど様々なマーケティング施策を推進しつつもデジタルでの限界を見据え、売上や反響数、店舗別データなどを一気通貫で可視化・分析し、次の打ち手作りが必要と考えていました。しかし、売上データなどは営業部門というように、各部署に様々なフォーマットでデータが散在し、人手での統合は困難でした。さらに、全社的にも社内外のシステムに分散するデータを統合し、顧客ファネル全体を俯瞰・分析し、事業全体の底上げに活用したいという課題を持っていました。そこで、マーケティングから売上データや店舗データをスムーズに統合でき、かつIT部門の手を借りずに活用できるDatoramaを採用し、マーケティング・事業全体の最適化・売上最大化を目指しています。

自社ウェブサイトデータ(オーガニック・ペイド)、運用型広告などデジタルマーケティング周りから、各店舗・地域・部門別反響(問い合わせ)数・仲介件数などを統合して、ダッシュボードを構築。その結果、全体サマリや営業区分ごとの実績、流入元、媒体別反響数など、従来はバラバラに見ていたデータを俯瞰できるようになりました。また、週次レポートを待つことなく、ダッシュボードでほぼリアルタイムにの数字を見通せるため、次のアクションに繋げられるようになり、マーケティングのPDCAを回す上で大きなインパクトをもたらしました。毎週の経営会議用レポート作成業務時間も、週3~4時間から週30分と約90%削減され、さらにレポートでマーケティングから売上データまでが俯瞰できるようになり、データを元にした議論が活発化しています。
今後は、都道府県別データを、エリア別・店舗別、物件設備データなどのデータを合わせて、より詳細な分析を進め、事業全体の売上向上を目指しています。Datoramaもその目標達成のサポートをしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング