DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用!岩手県内市町村初の災害防災協定締結。

PR TIMES / 2018年5月30日 14時1分

岩手県ドローン協会が所有する県内唯一の大型産業用ドローン「QS8」。災害時におけるその運用法とは。

2018年5月23日、岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結。同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回が初であり、今後は町が協会に年間委託料を支払い、大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に出動を要請する。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25357/12/resize/d25357-12-244390-5.jpg ]


岩手県雫石町では2013年8月の県央部豪雨で、道路が寸断され、孤立した地域が発生。
さらに近隣地域には岩手山と秋田駒ケ岳という活火山も抱えており、災害がいつ起こってもおかしくはない状況に機敏に対応する必要があった。そこで災害時にドローンを活用しようと岩手県ドローン協会に協力を働きかけた。


岩手県ドローン協会とは

平成28年4月にドローンの普及及び有効活用、関連産業の振興について関係機関、団体、企業様と取り組みを図ることを目的に設立した一般社団法人です。
現在、県内外の企業13社が会員となっており、協会全体で大小15基のドローンを所持しており、会員がオペレータ(操縦)を務めることで、面積の広い雫石町の複数の場所で運用が可能です。
また、県内で唯一の大型産業用ドローンを所有する団体でもあります。

従来のドローンでは、災害現場や山間部での飛行は電波通信が遮断されるという問題から非常に困難でしたが、今回採用されたDJI社製「QS8」では新型の制御基板により、何らかの原因で電波が遮断されても目的地へ自動で着陸し、安全に物資を搬送することが可能です。

QS8は最大6kg(推奨)の物資を積載することができる、物資搬送に特化した機体です。
さらに、高性能な防塵・防滴性能や拡張性の高いカメラマウントを有しており、様々なカメラが搭載できることから災害現場の正確な状況確認も可能であり、大規模災害現場での飛行に非常に適した機体と言えます。

県ドローン協会では会員企業でQS8を2機所有しており、高度な操縦技術を持った経験豊富なドローンオペレータを複数名抱えていることから、今回の災害防災協定に繋がりました。


DJI社製「QS8」とは

QS8は実際の災害現場における緊急物資の搬送や被害状況確認を目的として、DJI JAPAN(株)に対し、あきる野市、スカイシーカーの要望により3者で共同開発された新型の大型産業用ドローンです。
あきる野市、DJI JAPAN(株)、(株)スカイシーカーによる総合防災訓練で初めて使用され、現在ではあきる野市や岩手県ドローン協会に導入されており、有事の際にはその活躍が期待されています。
QS8の詳細はこちら↓
http://skyseeker.jp/archives/products/qs800/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング