2019年の振り返り 水中ドローンのメーカー【Youcan Robot】の取り組み、製品の活用シーン、関連ソリューションをご紹介

PR TIMES / 2019年12月24日 12時5分

最新型水中ドローン「BW Space Pro」は発売以来、ボーティング、フィッシング、ダイビングなどのマリンレジャーをはじめ、水中撮影、水中探査点検、漁業関連、船舶点検、科学研究など様々な場面で活躍中

水中ロボットの総合メーカー「Youcan Robot」の日本支社である「株式会社 Youcan Robotics Japan」(日本支社:東京都江戸川区、代表取締役:小岩 侃司)は、 「BW」シリーズ水中ドローン製品をリリースして以来、個人のお客さま、法人および官公庁様に導入していただき、実用場面をご紹介させていただきます。
※テレビ番組の撮影協力は2019年10月から



[画像1: https://prtimes.jp/i/35670/12/resize/d35670-12-845089-2.jpg ]

Youcan Robotは水中ドローンのメーカーとして、水中ドローン(ROV)の研究・開発と生産を取り組み、グローバル事業展開しています。「BW」シリーズ水中ドローン製品をリリースして以来、水中エンタメ、水中撮影、水中調査、漁業養殖、船舶点検、科学研究、マリンレジャーなど様々な分野で製品が活用され、約40ヶ国と地域で既に実用化されています。
日本では、コンシューマをはじめ、自治体様・大学や企業様からもご希望を頂き、納入事績を積み上げています。
水中ドローン事業の取り組み、製品の活用シーン、関連ソリューションを以下にてご紹介させていただきます。

詳細ページはこちら:  https://youcanrobot.jp/business/


■養殖点検・観察
水中ドローン BW Space Pro を使ってカキ、ブリなどの養殖場の点検を行っています。
生け簀、網の破損や結び目を点検し、水中ドローンを低速度で滑らかに操縦し、あらゆる角度から水中状況を確認できます。
また、スラスターの静音設計で魚にストレスを与えることなくじっくり観察することができます。
■船底撮影・造船業
水中ドローン BW Space Pro にて、船の水面下部分を点検できます。船底やスクリューなど、日光が届きづらい場所でも水中ドローンのカメラの両側に装着している二つのLEDライトで明るく照らしながら点検できます。
■海底点検
水中ドローン BW Space Pro を使用して、海底通信ケーブルとアンカーを点検できます。撮影した鮮明な映像で状態確認と記録ができます。
■水族館・水槽内デモ
水中ドローン BW Space Pro を水族館の大水槽内で潜航させ、撮影した映像を室内の壁面に投影します。一緒に泳いでいる魚、水槽内から見た来場者の姿を、魚の視点でご覧いただけます。魚の生態調査もできます。また、VR機能や複数の外部モニタを使ったモニタリングも現場を盛り上げました。
■ダムの点検・調査
水中ドローン BW Space Pro で、ダム壁面、堤体面を撮影しながら、リアルタイム映像にて状況確認できます。取水口スクリーン、水循環装置、堆積物の状況、流木捕捉網、暗渠の点検、 排水口の異物調査もできます。問題を早期発見し、予防策を講じます。
■岸壁・護岸等の撮影
水中ドローン BW Space Pro にて護岸や岸壁の目地部周辺に生じる空洞や陥没調査にお役立ちます。 護岸と岸壁などの定期点検、状況確認でも低コストで便利に遂行することができます。
■橋脚撮影・点検
橋梁は、国が定める統一的な基準により、一定期間に一度近接目視による点検をすることが定められています。橋脚の水中部分は人力の限界などもあり、水中ドローン BW Space Pro を用いて橋脚の定期点検、状況確認はより快速、安全に行います。
■海底、湖、川底などの撮影
水中ドローン BW Space Pro の高性能カメラと高い操縦性で海、湖、川底などあらゆる「水」に関わる環境で水中撮影を行うことができます。水中生態の観察にも役立ちます。
■潜水の安全確認
水中ドローン BW Space Pro を使用して、陸上でダイバーさんの活動状況をリアルタイムで確認できます。また、潜水を行う前に、現場の水中状況を事前に確認でき、安全確保に役立っています。
■水中エンターテイメント
水中ドローン BW Space Pro は各種水中試合、水中パフォーマンスショーの水中撮影に使われています。独特な視点から撮影した映像が重宝されます。
■水中建造物確認
水中建造物の状況確認に水中ドローン BW Space Pro が使われています。
■水中生物の生態調査
水中ドローン BW Space Pro の機能を活用し、近距離で水中生物を撮影することができます。
■氷下調査
極端な氷下環境でも、水中ドローン BW Space Pro が正常に働きます。 氷上ワカサギ釣り、穴釣りに使えます。
■体験会
日本各地で、販売代理店様と関係会社の協力を得て、水中ドローン体験会を随時開催しています。
■テレビ番組の撮影
水中ドローン「BW Space Pro」はテレビ番組の撮影に実用されております。これからも水中ドローンが空のドローンのようにテレビで活用され、空撮映像に続き、水中映像もよく見るようになるでしょう。

■水中ドローンの事業展開、イベント開催、デモンストレーション、体験会、テレビ出演などのご相談は、お気軽にご連絡ください。 メーカーとして全力サポートさせていただきます。
お問い合わせ窓口: japan@youcanrobot.com
お問い合わせフォーム:  https://youcanrobot.jp/contact/inquiry/
[画像2: https://prtimes.jp/i/35670/12/resize/d35670-12-860788-1.jpg ]


■BW Space Pro 4Kモデル 製品ページ
https://youcanrobot.jp/product/bwspacepro4k/

■水中ドローンBW Space Pro 4Kモデルの大きな特徴
1、SONY製1/1.7”CMOS搭載4Kカメラ、130度広角レンズ
2、大容量バッテリーで最大5時間使用可能
3、垂直上下移動、仰俯角調整・維持・推進、多角度で水中映像を捉え
4、小型化、軽量化、コンパクトで導入しやすい
5、手ぶれ補正機能つき

■Youcan Robotストア
https://youcanrobot.jp/store/

■活用事例
https://youcanrobot.jp/case/

■株式会社 Youcan Robotics Japan
2018年3月にYoucan Robotの日本支社として設立。日本市場の製品のメンテナンス・修理などアフターサービスを受け付けております。
Youcan Robotは「終わりなき探求」を企業理念にし、水中インテリジェント設備などの分野で革新と発展を続け、総合的なソリューションを提供しております。2016年にコンシューマー向け水中ドローン「BW1」を発表、水中探検を一般ユーザーにも実現させました。2018年に開発した「BW Space」は、自動追尾、自動調光、自動方向修正などインテリジェント機能搭載、世界初の知的水中ドローンです。2019年に「BW Space Pro」を発売しました。
会社概要:  https://youcanrobot.jp/corporate/

■公式ページ、チャンネルの登録、フォロー宜しくお願い致します。
日本公式ページ:  https://youcanrobot.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/youcanjp/
Youtubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCXGP4OkIIbZqc1jueDa6S7g
Twitter: https://twitter.com/youcanrobotjp
Instagram: https://www.instagram.com/youcanrobotjp/

※本リリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング