1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

夫婦の共有家計簿・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」が、『家計簿アプリデータを活用したFPアドバイスサービス』を開始

PR TIMES / 2021年5月6日 18時45分

短期の家計管理に止まらず、中長期の家族のお金をサポートへ

夫婦の共有家計簿・貯金アプリ『OsidOri(オシドリ)』の開発・運営を行う株式会社OsidOri(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮本敬史、以下「当社」)は、家計簿アプリデータを活用し、FP(ファイナンシャル・プランナー)から無料アドバイスをもらうことができるサービスを2021年5月末より開始することをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/47164/12/resize/d47164-12-326728-2.jpg ]

「OsidOri(オシドリ)」は、夫婦共同で家計管理・貯金ができる「家族の金融マネジメントアプリ」です。
20-30代のミレニアル世代を中心とした夫婦・カップルのお金の共有・コミュニケーションを促進し、家計改善や将来へ向けた資産形成を手助けしています。

今後の「OsidOri(オシドリ)」は、短期の家計管理に止まらず、中長期の資産形成までのマネジメントを全て可能にする「家族のチャレンジャーバンク」へ 進化する将来像を描いています。その文脈の中で、この度『家計簿アプリデータ活用のFPアドバイスサービス』を2021年5月末より開始します。


「家計簿アプリデータ活用のFPアドバイスサービス」の概要

本サービスは家計簿管理からさらにもう一歩踏み込んだ、将来のリスク分析やマネープランニングをサポートする機能の第一弾としての位置付けになります。

【サービス概要】

[画像2: https://prtimes.jp/i/47164/12/resize/d47164-12-252922-3.jpg ]


1. お金の診断(無料)
「お金の診断」機能では、家計簿データとお金の質問への回答を基に、家計管理や資産形成の状態、将来の必要資金(住宅購入・教育資金・老後資金等)にいくら必要かを分析して表示します。自分たち夫婦と近しい環境の方々の数値と比較することができ、短期的な家計管理の課題に加え、中長期の資産形成への課題などをアプリで確認することができます。

2. FPによるアドバイス(無料)
診断結果を基に、複数のFP(ファイナンシャル・プランナー)やIFA(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)から、無料アドバイスをメールでもらうことができます。また、お客さまはアドバイスに対してメールで気軽にコミュニケーションを行うこともでき、希望者はオンライン・リアル面談で直接お金の相談をすることも可能です。


既存の一般的なサービスとの違い

一般消費者がFPに相談できるサービスこれまでにもありましたが、一般消費者側・FP側にとってそれぞれ課題がありました。OsidOriの「家計簿アプリデータ活用のFPアドバイスサービス」はその課題をクリアし、より価値のあるものを提供することを目指します。

【 一般消費者の課題をクリア 】
・面談のハードルが高い ▶️ FPとメールでコミュニケーションをした上で、面談に進めるのでハードルが下がる
・情報の入力が大変 ▶️ アプリデータを自動反映するため入力の労力が減る※
・診断結果への不安 ▶️ アプリの診断結果とともに専門家のアドバイスがもらえ安心感が増す
※自動反映は順次追加予定です

【 FPの課題をクリア 】
・ ヒアリング労力の手間 ▶️ 事前にお金の情報やヒアリング結果が整っており、価値を生むプラン作成やアドバイスに集中できる
・マッチングの齟齬 ▶️ メールでコミュニケーションをしており齟齬を減らすことが期待できる


本サービスをリリースする背景

今後の「OsidOri(オシドリ)」は、短期の家計管理に止まらず、中長期の資産形成までのマネジメントを全て可能にする「家族のチャレンジャーバンク」へ 進化する将来像を描いています。
「家計簿アプリデータ活用のFPアドバイスサービス」は、将来のリスク分析やマネープランニングをサポートする機能の第一弾としての位置付けになります。

世界を見渡すと、デジタルで金融商品を購入できるようなサービスはチャレンジャーバンクを筆頭に北米・西欧・南米・アジアでも拡大しています。例えば、中国の「小幫規劃」は保険や資産運用に関するオンライン講座を開き、マンツーマンのコンサルティングを提供して保険商品の購入につなげています。また、その傘下の金融教育ブランド「小幫商学院」ではオンラインで金融ナレッジを学べるサービスを提供し人気を博しています。

コロナ禍・デジタルネイティブ世代の拡大・政府のキャッシュレス化の推進などの背景により、日本における金融DXはここ数年で大きく進んでいくでしょう。「OsidOri(オシドリ)」はデジタル・AIの技術を最大限に活用することで、短期の家計管理に止まらず、中長期の資産形成までのマネジメントを全て可能にする、「家族のチャレンジャーバンク」へと進化していきます。


OsidOri(オシドリ)の特徴 / 受賞歴


[画像3: https://prtimes.jp/i/47164/12/resize/d47164-12-233999-0.png ]


<特徴1> 夫婦の共有とプライベートを両立できる仕組み
夫婦のお金は家族ページで共有し、個人のお金は個人ページでプライバシーをもって分別管理できます。
また、個人ページに登録した個人クレジットカードの特定の支出(例:家賃引き落とし)だけを1件単位で家族ページに共有することもでき、家族のお金の共有と自分のお金のプライベートを簡単に両立できます(特許取得※)。
※特許番号第6512653号/取引明細情報管理装置、取引明細情報管理方法および取引明細情報管理プログラム

<特徴2> 夫婦向けならではの多彩な便利機能
夫婦で誰が何をいくら払ったかを可視化できる、夫婦間で立て替えを精算できるような(近日リリース予定)、夫婦向けならではの機能が搭載されています。
また、金融機関を銀行など2,000超の金融機関データをアプリに自動反映することができ、忙しい夫婦の管理の手間を削減します(手入力での登録も可能です)。

<特徴3> 家族の将来に向けた「目標貯金」機能
夫婦で家族の将来のために目標を設定して貯金できる機能も搭載されています。
家族旅行や住宅購入、また老後資金2,000万円の準備へのはじめの一歩目に。

<受賞歴> 「Google Playベストオブ2020」や各種イベントで受賞

▼プラットフォーム
・「Google Playベストオブ2020 生活お役立ち部門」受賞
▼アクセラレーションプログラム
・PayPay Accelerator Program 採択(2020/12)
・Plug and Play Japan Batch5 採択(2020/6)
・JA ACCELERATOR 第1期 採択(2019/5)
・Plug and Play Japan Batch1 採択(2018/6)
・青山スタートアクセラレーションプログラム 第6期 採択(2018/6)
▼Bizイベント
・Tech Crunch Japan2019 ファイナリスト(2019/11)
・B Dash Camp 2019 Fall in Fukuoka ファイナリスト(2019/10)
・京都銀行デジタルソリューションチャレンジ 最優秀賞(2019/5)
・FINOVATION CHALLENGE 2019 API賞、VC賞(2019/1)
・第6回 GLOBIS Venture Challenge 大賞(2018/10)
・東京都ASAC DemoDay 住友不動産賞(2018/10)
・X-Tech Innovation 2017 協賛企業賞2社(2018/1)

<アプリ概要>
・タイトル
OsidOri(オシドリ)
・利用料
無料ユーザー 無料
プレミアムユーザー  家族プラン880円/月、個人プラン480円/月
・公式サイト
https://www.osidori.co/
・ダウンロードURL:
【iOS】 https://apps.apple.com/app/id1473751623?mt=8
【Android】 https://play.google.com/store/apps/details?id=inc.osidori


当社のミッション

『誰もがお金に困らず、生きたい人生を歩める世界をつくる』をミッションとして2018年6月に創業しました。誰もが最適な金融サービスを摩擦なく利用できる世界をゴールとし、まずは「OsidOri(オシドリ)」で『夫婦』のお金の課題解決から行っております。


会社概要

会社名    株式会社OsidOri(英語名:OsidOri Inc.)
代表者    代表取締役CEO 宮本敬史
設立     2018年6月18日
所在地    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷一丁目1番3号アミーホール THE HUB 青山WEST412号室
資本金    1億618万円(資本剰余金含む。2021年4月30日現在)


URL      https://www.osidori.co/
事業内容   夫婦のお金の管理・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」の開発、運営
加入協会   一般社団法人FinTech協会問い合わせ先 中山(TEL:080-3278-0881 MAIL:info@osidori.co

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング